オノデライダー戦記

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

ナンテコッタ

 

 

ツールド熊野 最終日。

 

 

そして最終日の今日、1番降って欲しくないコースで雨が降った…

 

ナンテコッタ…

 

 

f:id:onoderider:20190602202435j:image

 

第1に篤志の総合二位をキープ。

 

そして展開によってはステージ優勝にもトライしていくプランで挑みました。

 

 

 

 

 

 

スタート前からボツボツと降り出した雨は、1周回完了時には本降りに。

 

全体的に道幅が狭く、急勾配の下りやグレーチングも沢山あり、通常のコンディションでも危険なコースだ。

 

 

そこで雨が降る…

 

 

タイヤと相談しながら気をつけて走った。

 

f:id:onoderider:20190602202832j:image

 

f:id:onoderider:20190602202837j:image

 

コントロールチームの後ろに陣取った我々は、総合2位の篤志を安全に走らせるための護衛隊を務めた。

 

下りやキツイ上りの手前になると各チームが前方ポジションを奪いにくるので、この危険なコース上で篤志の邪魔が入らないよう皆んなで走ります。

 

 

中盤をすぎると、龍さんが逃げに乗ったことにより我々にとっては好条件なレース展開となった。

 

総合上位チームが度々攻撃を仕掛けるが、リーダーチームのコントロールでそのほとんどが潰される。

 

 

しかし僕の脚はというと、度々繰り返されるパンチのある上りと、各チームとの小競り合いで疲弊していた。

 

 

いよいよラスト2周を迎えるころに限界を迎え、僕は遅れを取ってしまった。

 

 

f:id:onoderider:20190602203456j:image

 

そのまま最後のグルペットでレースを終える。

 

100kmちょっとしかないステージの割には疲労感はそれ以上だ…

 

 

篤志は残ったチームメイトの働きもあり、無事に集団ゴールをして総合二位をキープ。

 

逆転こそできなかったが堂々の成績だ。

 

 

 

 

 

 

 

結局…

 

このツールド熊野では目立った活躍ができなかった僕です。

 

思うような走りができないと、個人的には少々後味の悪いレースになってしまいます。

 

 

まぁ、すごく低レベルな話をすれば、これが初のツールド熊野完走です。

 

これにはなんの価値もありませんが、とりあえず心の中で自分を励ましておこうかと…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで怒涛のステージレース2連戦が終了。

 

まぁ、間も無くJプロツアーのレースも控えていますが。

 

 

 

いよいよ全日本も近くなってきたことだし、ちょっぴり休んでまた頑張りますか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

今日中に帰ることを目標?に帰路を走っている我々ですが、果たして何時に着くことやら…

 

 

明日は少し遅めに起きようか。

 

 

 

それではまた。