音速戦士オノデライダーのブログ

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

ビエン?ぴえん。

 

 

結局、本場バスク地方バスクチーズケーキを食べるという目標は達成できなかったわけだが、レース後にはそれなりに甘い物などを食べる事ができた。

 

今日はそのネタを投下。

ネタは鮮度が大切。

 

 

f:id:onoderider:20201017223656j:image

レース後の夕食はバスク料理のコースをいただいた。

 

料理の写真はうっかり撮り忘れてしまったが、乾杯のシャンパンと、デザート二発目のレモンケーキは撮ってあった。

 

f:id:onoderider:20201017223703j:image

 

二発目というのには理由があって、最初、コースで出されたデザートがガトーショコラのようなもので、確かに美味しかったのだが、やはりチーズケーキが食べたい僕は、チーズケーキが無いか尋ねてみた。

 

 

「あーチーズケーキないねー」

 

だってさ。

 

「あ、でもオヌヌメのレモンケーキなら出せるよ!」

 

と言うので、じゃあそれください!

 

と頼んだのだ。

 

もちろん、これも美味であった。

 

 

f:id:onoderider:20201017224107j:image

 

食後、レストラン隣のバールでチームメイト達と軽く飲み直した。

 

オヌヌメのビール下さい。

 

といって出てきたのがこれ。

すごくフルーティで美味しかった!

 

 

 

 

 

 

f:id:onoderider:20201017224224j:image

 

翌日。バスクからマドリードまでの陸路移動。

4時間の鮨詰め車移動はしんどかった…

 

途中の町で昼食。

 

初めてうさぎさんのお肉を食べた。

 

f:id:onoderider:20201017224401j:image

 

心がぴょんぴょんするんじゃ〜(テンプレ)

とはいかないが、どれ、食べてみよう。

 

おぉ、想像より美味い。

もっと雑味があるものかと思ったが、意外とタンパクな味で肉肉しい!

そして罪悪感なくポテトが食べられる幸せよ。

 

 

f:id:onoderider:20201017224545j:image

 

もちろんここでもデザートは欠かさない。

自家製プリンだろうか、ハード食感でとても好み!

適度な甘みとカラメルソースが相性バツグン!

 

 

 

マドリードについてから、みんなで少し街を歩いた際、チュロス屋を見つけたのでみんなで食べた。

 

f:id:onoderider:20201017225545j:image

 

僕はチョコ味。

増田さんが買ったプレーンも分けてもらった。

美味い。

 

こちらではチュロスは日常的に食べられているようで、朝とかにチョコドリンクとかに浸して食べたりするんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

この日の夜には、ホテルでパエリアを予約してあると言われ、ワクワクして夕食へ。

 

想像してたのはまさに↓こんな感じのパエリア。

f:id:onoderider:20201017224725j:image

 

だが、出てきたのは小皿に盛られたリゾット。

 

 

写真は撮ったが、あまりの衝撃にちゃんと保存されていなかったらしい。

 

パエリア風リゾットというのが正解か、見た目はリゾットそのもので、海鮮などもほとんど見当たらない。

 

いや、これはこれでとても美味しかったのだが、違うそうじゃない感がすごかった。

 

 

レストランを出る時、受付のお姉さんに、

 

Bien?(ビエン:良かった?というニュアンスだろう)

 

と尋ねられたが、僕の気持ちは

 

ぴえん

 

だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、こんな感じで、オフとしては短い滞在期間でも、それなりに色々食べられた。

 

コロナ禍ということもあり、あまり楽しめなかったのが残念なところ。

 

 

 

 

 

そうそう、帰ってきてポケモンパン食べたんだ。

 

f:id:onoderider:20201017225334j:image

 

ピカチュウ

 

日本は菓子パンの宝庫だ。

 

 

 

 

 

 

 

サフラン買ってきたし、パエリア自分で作ったろ。

 

 

それではまた。