音速戦士オノデライダーのブログ

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

オノデライダーの休日

 

 

今朝は金山駅からスタート。

 

名古屋をちゃんと歩くのは数十年ぶり?だ。

 

 

 

とりあえず名古屋駅まで。

 

訳あって今日は日に当たれない。よく晴れていい天気だというのに、地下鉄や地下道に限定して散策。

 

名古屋は地下ダンジョンの開発が進んでいて、十分に楽しめた。

 

 

お昼には大好きなもうやんカレーを。

 

f:id:onoderider:20201117194455j:image

 

そう、実は名古屋にも一店舗だけあるのだ。

 

f:id:onoderider:20201117194522j:image

 

1100円で食べ放題という庶民に優しい価格設定。

 

写真のように野菜とバランス良く取ることもできるし、ひたすらもうやんカレーを堪能するのもアリだ。←むしろカレーを食べまくることを推奨する。僕はこの後おかわりではひたすらカレーだけ食べた。

 

 

 

 

今日からの宿は、安い場所を探した結果、という街になった。

 

駅をおりると街の賑やかさを感じる。

 

f:id:onoderider:20201117194902j:image

 

名古屋のシンボル的存在の名古屋テレビ塔があるのがこの街だった。

 

 

f:id:onoderider:20201117195025j:image

 

テルチェックインまでの時間潰しで入ったコメダ珈琲店は名古屋が発祥の地だとこの時知った。

 

 

 

 

 

 

ホテルで一休みして、暗くなってきた頃。

夕飯ついでに街を少し歩いた。

 

f:id:onoderider:20201117195246j:image

さっきチラ見した名古屋テレビ塔はライトアップされていい感じ。

 

 

f:id:onoderider:20201117195319j:image

テレビ塔の下はブランドショップが並ぶ公園となっていた。

 

 

f:id:onoderider:20201117195414j:image

 

上手く撮れなかったがこんなフォトジェニックスポットもある。

 

周囲を歩いていると、それはもうカップルが多いこと。

 

リア充爆発しろと、ひと昔前に流行った決まり文句を心の中で呟きながらクールな顔をして歩いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕飯に立ち寄ったのは繁華街から一本奥に入った雑居ビルの中にある小さなお店。

 

気分はそう、孤独のグルメそのものである。

 

だから、特に何腹か決まってなかった僕は看板を見渡しながら、井之頭五郎が選びそうな店を探して入ってみた。

 

俺のまかない食堂こたろうちゃん

 

店につくと狭い空間にカウンター席が並ぶ、いかにも狙った通りのお店!

 

洋食メインのメニューだが、おかあさんに今日のイチオシを聞くと、シメサバが良いとのこと。

 

f:id:onoderider:20201117195447j:image

 

ではさっそくいただきます。

 

おぉおん!美味い!

プリプリで味が濃い!鯖好きにはたまらん。

 

一緒に出してもらった白飯がススむ!

 

 

カウンターの奥には先客がいた。

ビールを飲みながら語らっている。

そんな雰囲気も堪能しつつ、少し物足りない僕は肉じゃがを注文した。

 

f:id:onoderider:20201117200504j:image

 

こういう店の定番的存在。

 

安定の美味さ!日本家庭の味!

 

 

勝手に孤独のグルメさながらのナレーションを脳内再生しながら食事を楽しんだ。

 

 

 

 

 

いい具合に腹も満たされた。ごちそうさまでした。

 

僕は初めての顔だったので、ここには初めてですね。と言われ、遠い北の栃木県から来ました〜なんて話を帰り際にした。

 

常連さん達に愛されているお店。

僕も繁華街に住んでたらそんな常連の食堂があったらいいなと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事抜きプランのホテルなので、明日の朝食を買い込んでホテルへ。

 

 

歩いていると、どうやらホテル周辺は「夜の街」のようだ。

ピカピカとひかる看板やどこからか漂う甘いニオイ、それっぽい雰囲気のある客引きらしき人が道にたむろしている様がまさにそれだ。

 

出勤なのであろう派手な細いお兄さんや、派手な細いお姉さんなんかも歩いている。

 

ちょっと治安悪めの感じがしたが、なんとなく尾崎豊の歌に出てくる情景に似ている気がして盛り上がった。

 

 

 

まあ、遊ぶ金も無いのでホテルに直帰してこうしてブログを書いているのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は思い出の地へ行ってみようと思う。

 

確かあの時は2005年だったから、15年ぶりくらいになるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

オノデライダーの休日は続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた。