オノデライダー戦記

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

注射きらい

 

 

ふぅ。

 

ようやくブログを書けるくらいには回復しましたので。

 

 

 

今回はコロナワクチンのレポート的な内容がほとんどになってしまうかと…

 

これに関してはまだ前例が少なく、症状の因果関係も定かではありませんし、年齢や体質などでかなりの個人差があるようなので、一例として紹介しますね。

完全なレポートでは無くあくまでブログ的な書き方をしてますので悪しからず…

 

 

 

 

 

 

 

 

今週月曜日に、2回目となる新型コロナウイルスワクチンの接種をしてきました。

 

使用されたのはモデルナ社製です。

  

1回目の後、副反応なのか定かではありませんが、3週間くらいにわたって呼吸苦などの症状が続き、苦労しました。

 

平均的に2回目の方が副反応が出やすいと聞いていたので、今回はかなりビビっています。

 

 

 

 

 

 

 

さて、ひと月前の1回目接種時には、僕の注射嫌いが過剰反応して、接種直後に気分が悪くなってしまい、しばらく別室で休ませてもらうなどの恥ずかしい思いをしたわけですが…

(過去に採血やレントゲン写真などで倒れたこと複数回)

 

 

今回は接種直後に倒れませんでした!!

 

 

と、喜んだのも束の間。

迎えた翌朝には全身の節々が痛み、熱も徐々に上がり、激しい頭痛に襲われることになりました…

 

最初に服用した、アセトアミノフェン系の薬は熱や頭痛にはまるで効いている様子が無く、朝と昼に服用しても激しい痛みはそのまま…

常にうなされながら寝ては痛みで起きて…の繰り返し。

 

夜になって薬を変えようと思いつき、アスピリン系の薬を服用したところ、症状は改善。

起き上がって会話くらいはできるようになりました。

 

実家にあるAT車に乗り換える都合上、接種当日から実家にいたので、母や弟に世話になり、なんとか生きながらえることができました…

(AT車に乗り換えたのは、僕の乗るMT車だと接種後の左肩に負荷をかけてしまい、痛みが長引くと前回の接種で思い知った為。)

 

 

正直、接種翌日は地獄のようでしたね…

病気でもないのにこんな辛い思いしなきゃならないのか…と。

 

この日食べたのはまだ軽症だった朝に食べた朝食と、夜の薬の服用前に軽く口にしたフルーツゼリーのみ。

万年はらぺこの僕がこんな食生活をするなんてね…

 

 

 

結局その晩もそのまま泊まり、翌朝、少しの時間なら車を運転できそうなくらいには回復したと判断したので、自分の部屋に帰宅。

 

それが昨日の話。

昨日の夕方は毎月恒例のミヤラジ出演の日だったが、車で出かけてスタジオで1時間話すことができる体調では無かったので、電話出演にしてもらいました。

 

 

 

そして接種から3日目の今日は、薬こそ服用を続けているが、軽い運動ならできそうだと思い、事務所へ行って1時間ほどKICKRで汗を流す。

 

しかし心拍が上がり始めるとやはり呼吸苦が襲ってくる。

あまり上げ過ぎないよう注意したが、やはり呼吸苦はワクチン接種と何かしら因果関係があるように思える。

 

 

ちなみに針を刺された左肩は痛みこそ和らいできたが、触ると痛むし、若干の痒みも感じる。

MT操作は街乗り程度であれば問題は無い。

峠には行けない。

 

 

 

以上、接種後3日後までのレポートとなりますが、2回目はかなりシンドイ気がします…

 

こうしてブログを書いている最中も頭がフワフワする感じなのだ…

 

 

早く回復して元の生活リズムを取り戻したいです…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや待て、本当はこんな内容書くつもり無かったんだ。

 

だいぶ遅れたが、先日のル・マン24hの感想をだな!!

 

f:id:onoderider:20210826214317j:image

 

トヨタガズーレーシングがレース中、オンボード映像をライブ配信していたので、残り8時間くらいからずっと見ていたのですが、そのラインの正確さと速さに惚れ惚れしながら見ていました。

 

そしてウズウズしてきてグランツーリスモに移動して、収録されているトヨタTS050Hibrid'16を駆り、サルトサーキットの耐久レースに参戦していました。

 

f:id:onoderider:20210826214951j:image

なんとなくそれっぽいレースフォトを撮ってみたり。

 

それからはひたすらオンボードを見守りながらSNSでの情報更新を追っていく作業。

 

残り数分になったところで一周差で1-2のトヨタ2台がピットで合流。

ランデブー走行でフィナーレへ。

 

しかもその2台に乗るのはどちらも日本人ドライバー。7号車には小林可夢偉選手、8号車には中嶋一貴選手だ。

 

日本車、日本人が並んでルマンのゴールを駆け抜ける…

 

感動的なシーンを見届けることができました。

 

ウイニングラップからのピットを逆走して帰って行くまで、ルマンのフィナーレはいつ見ても感動的なものです。

 

モータースポーツっていいなぁ〜

としみじみ思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

…と、

 

ワクチンなのかルマンなのかよく分からない内容になってしまいすみません…

 

本当はもっとルマンを語りたかった!

 

頭がボーっとしているので許してください!

 

 

 

 

それではまた。