オノデライダー戦記

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

TOJ2022 Stage.4 東京

 

こんばんは。昨日は移動からの後片付けで時間が無かったので今日更新です〜

 

 

 

 

 

TOJ最終日は東京。

 

f:id:onoderider:20220523202318p:image

 

これも最終日恒例のコースで、高低差はほとんど無いフラットなコース。

ハイスピードコースで、期間中では距離は長い方の112km。

 

 

我々としては、増田さん、宮崎くんの総合順位をキープしつつ、ステージを狙うプラン。

 

逃げを打つか、集団スプリントに挑むかで前日は悩んだが、各チームの出方を見て、集団スプリントに挑むことにした。

 

 

 

f:id:onoderider:20220523202838j:image

期間中初の僕のインタビュー。平坦ステージで活躍する選手としての認識がまだあるみたいだ。

 

 

 


f:id:onoderider:20220523202849j:image

朝方は涼しい気候だったが、レースが始まる頃には夏を感じる陽気に。

 

 


f:id:onoderider:20220523202841j:image

レースがスタートすると、ポイント賞争いが続いていた為に、スプリントポイントに向けた動きが活性化。

 

逃げを打つ気が無い我々は集団内で落ち着くタイミングを待つ。



 

中盤になって逃げが容認されると、リーダーチームと、最終スプリントをしたいチームがコントロールを開始。


f:id:onoderider:20220523202828j:image

ブリッツェンは宮崎くんをコントロールに加え、残る3人は集団前方付近に固まる。

 

f:id:onoderider:20220523202825j:image


f:id:onoderider:20220523202832j:image

ペースが安定していて消耗こそ少なかったが、ここ3日間で蓄積された疲労感を感じながら周回を重ねる。

 

 

いよいよ終盤に向けて各チームがピリピリとし始める。

 

スプリント狙いのチームを中心に集団をペースアップさせ、最終周に入る頃には集団は一つに。

 

 

東京ステージは道幅も広く、タイトコーナーも少ないことから、最終周は各チームのトレイン争いが激化する。

 

人数を揃えてまとまって走るのが至難の業だ。

 

今回は増田さん、アベタカさん、僕の3人で上手いこと終盤までまとまって陣取れていた。

 

しかし、残り1キロを切った直後の左コーナーでオーバーランした選手がいた事により前方はバラける。

綺麗にクリアしたアベタカさんと僕が、ここで先頭に押し出される形になってしまった。

 

ここからゴールまではまだ長く、アベタカさん1人では僕をラスト200m手前まで引くのが精一杯だった。

 

かといって、ここで他チームが出てくるのを待ってしまうと、埋もれてしまう可能性も高くなる。

 

それをアベタカさんも知ってか、力尽きるまで引いてくれた。

 

しかし僕が先頭に出た時はまだ200m看板が見えていた。

おまけにこの日のホームストレートは向かい風。

 

分かってはいたが、ここまで来たらもうもがくしか無い。


f:id:onoderider:20220523202846j:image

スプリントを開始したが、ゴールにたどり着くまでにかなりの人数に抜かれてしまった。

 

 

結果は10位。

 

僕がゴリゴリのピュアスプリンターであったなら、この状況でも先頭を保ってゴールできたのかな…

 

僕が中途半端なせいで思うような結果が残せない。

 


f:id:onoderider:20220523202844j:image

懸命に動いてくれたチームメイトには申し訳無かったが、みんなが今できる最大限を尽くしてくれた。

 

いつも良い形は作れるのに、なかなか結果が残せないのが悔しいな。

 

 

 

 

 

 

 

 



ともあれ今年も無事に東京まで走り切れたことは良しとしよう。

 

f:id:onoderider:20220523202835j:image

 

毎年ここで見る東京タワーが好きなんだ。

 

東京タワーは昔から好きな場所で、幼い頃はよく連れてきてもらっていた。

 

今でこそもっと高いスカイツリーや背の高い建造物が沢山できたけれど、この東京タワーの蝋燭の灯火のような暖かい光り方が好きだ。

 

 

 

 

 

 

 

ブログも書き終えて、ほっと一息したいところなのだが、明後日には熊野に向けて出発しなければならない。

 

このスケジュールは本当になんとかして欲しい。

 

おまけにステージ初日をトップガンマーヴェリックの公開日に被せたことに対しても僕は憤りを隠せない。

 

 

 

 

そんな僕を慰めようと、今日は朝から映画「五等分の花嫁」を観てきた。

 

f:id:onoderider:20220523205448j:image

大きなスクリーンだったので、もう少し後ろの席にすれば良かったと座ってから少し後悔…

 

 

原作は既に最終巻まで読んでいたが、改めてアニメーションで命が吹き込まれた作品をスクリーンで見ると良いものだ…

 

 

このような作品を観ていると、今まではまるで考えなかった「結婚」に対しても、考えが変わってくる。

アニメに影響されるのかよ。

 

最近、身近な人たちの姿や話を聞いて、少し意識するようにはなっていたのだが。

 

この僕が誰かと結婚したりすることはあるのだろうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと疲れているのだろう。

色々と考えてしまった1日だった。

 

 

 

 

 

それではまた。