音速戦士オノデライダーのブログ

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

気持ち

 

 

ツールドランカウイ第2ステージ。

 

逃げが決まってからサイクリングモードがしばらく続き、175kmある今日は平和だが少々退屈なステージだった。

 

龍さんの体調不良により、僕が最後のゴールスプリントに挑むことになった。

残り10kmあたりからゴールを狙うチームがポジション争いを始め、集団の密度が上がりピリピリしていた。

ラスト3km付近までは譲さんに引き上げてもらい、そこからは有力チームの後ろを狙って一人でポジション争いをしていた。

 

 

しかしちょうど残り3kmを切った辺りで突然僕の視界が前方から地面へ変わった。

 

恐らく、僕の前方にいた選手の急な動きに前輪が取られたのだろう。

 

ハイスピードで(多分)右側から着地した僕の身体は路面に削られ続ける。

 

集団の密度も高い中での落車だったから、後ろから来た選手に何回も突っ込まれている感覚だけは分かった。

 

何回転したのか分からないけれど、気付いたら僕は道路の中央に転がっていて、バイクは離れたところで倒れている。

 

痛い。

 

バイクはペダルが割れて走行不能

スペアバイクを降ろしてもらってなんとかゴールした。

 

ゴールすると僕の様子を見てすぐに救護スタッフが駆け寄ってくる。

 

意識が朦朧としている中、テントに運び込まれ、見える範囲の傷に消毒スプレーらしきものをひっかけてはゴシゴシ拭いてくる。

 

とてつもなく痛かった。

 

そうこうしていると突然吐き気に襲われて、慌ててスタッフにヤバいと伝える。

結局なにも戻しはしなかったが、しばらくゴミ箱らしきものを抱えたまま動けなかった。

 

ドクターの指示でしばらく涼しい救急車の中で横になることに。

もう色んなところに傷があってリラックスできる姿勢なんて無い。

 

 

それから数十分して少し動けるようになったらチームカーに乗り換えてホテルに戻った。

 

 

その後のシャワーは言うまでも無い、地獄だ。

 

転倒時、早々にレーパンがめくれ上がってしまっていたらしく、大腿部をダイレクトに削っていた。

 

そこにマレーシア製のシャワーをひっかけたら、猛烈な痛みなのか痺れなのか、よく分からない痛みに襲われ、失神しそうになる。

 

海外映画にあるような主人公の苦痛に耐えているようなシーンを思い浮かべて、必死に耐えるような唸り声を上げながらシャワーを浴びた。

 

 

それから細谷マッサーに手当てをしてもらって、傷の痛みは少しばかり治った。

 

だがあまりにも気持ち悪く、夕飯も口にできないまま眠りに落ちた。

 

翌朝も普通なら腹が減って起きる僕だが、全身の怠さと気持ち悪さでベッドから出れず。

 

朝食を口にしないまま、この日の出走の為に破れたジャージから違うジャージにゼッケンを付け替えていた。

 

 

その後監督と相談して、まずは出走してみることにした。

 

僕自身も、ここで辛いからと出走しないのは逃げだと自分に言い聞かせてサインする。

 

f:id:onoderider:20200211222253j:image

 

暑いし痛いし辛かった。

だけど、ここに連れてきてもらった意味を考えたら、走るしか無かった。

 

 

 

結局、無理して出走した第3ステージでは、重要な局面を前にして僕の身体の限界が来てしまった。

 

いや、正しくは僕の気持ちが折れたのかもしれない。

 

 

 

 

 

スタート直後に乗っていたバイクのディレイラーが動かなくなり、チームカーに戻って自分のでは無いバイクに乗り換えて集団に戻る。

 

その間に僕のバイクを見てもらったが、すぐに治らない故障のようで、僕はそのまま不慣れなバイクで走ることとなる。

 

 

食事も摂れなかったから、頑張って補食を食べようともしたが、それどころでは無い。

 

恐らく貯蓄エネルギーも少なかったのだろう。

 

痛みとエネルギー切れと気持ち悪さのせいか、妙に呼吸が落ち着かない。

 

ちょっとした坂でも息が上がって辛いなか、なんとか距離にして100km程は走ってみたが、3つ目のカテゴリー1の山の麓でバイクを降りた。

 

それからチームカーに乗ってゴールまで。

 

 

この日のゴールはペトロナスツインタワーの目の前だった。

 

僕の思い出の場所でもある。

 

f:id:onoderider:20200212164600j:image

今は亡き祖父との写真。祖母が先日送ってきた。

 

f:id:onoderider:20200212164728j:image

この写真を撮った頃はツインタワーが出来て間もない頃だったんじゃないかな…

 

 

 

思い出の建物を横目に、痛みと気持ち悪さに襲われることになるとは。

 

 

これでもう明日から走ることは出来ない。

 

悔しいし、情けないし、恥ずかしい。

 

チームメイトが疲れて帰ってくるのを一人ホテルで待つのは辛い。

 

今となってあの時降りた自分に腹が立つ。

 

チームメイトや他チームの日本人が活躍している情報を見て余計に悔しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツアーが終わった翌日、ランカウイ島で行われるワンデーレースには出走する気でいるのだが、体調もそうだし、回復の為といってもこれだけ自転車に乗ってなくて大丈夫なのかと心配にもなってきた。

 

それに未だに体調は良くならない。

怪我は我慢できるまでに回復しつつあるが、頭の方は微熱のような感覚に毎日悩まされている。

毎朝起きるたびに物凄い倦怠感に襲われている。

今日は目の奥も痛くなり、もはやこれは風邪なのか落車が原因なのか分からなくなっている。

 

 

でもここまで来てなにも出来ずに終わって、ホテルで寝て過ごすだけの遠征にはしたくない。

 

 

後1日。

 

今はとにかく目先のレースに向けて回復に専念しようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落車の報告以来、沢山の方から励ましの言葉を頂きました。

 

ありがとうございました。

 

当時はとても心細く、励ましの言葉に救われました。

 

 

 

 

せっかく今回の遠征のメンバーにしてもらったのに、結果に貢献できずとても悔しいですが、いつまでも落ち込んでないで次戦で結果を出せるように努力します。

 

 

 

 

体調の都合上、なかなかブログを更新できずにいてすみませんでした。

3日かけてようやく書き終えました…

 

 

今後とも応援よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

それではまた。

波乱の幕開け

 

 

 

ツールドランカウイ第1ステージは、変速周回のショートステージ。

 

f:id:onoderider:20200207214950j:image

 

当初レース距離は96.2kmでしたが、飛行機移動の時間の都合上、最後の小周回のラップ数を4周に減らして行われました。

 

f:id:onoderider:20200207214953j:image

 

蒸し暑い朝からレースはスタート。

 

期間中最も赤道に近い地でのレースでしたが、距離も短く何とかなった感じ。赤道関係ないか。

 

f:id:onoderider:20200207215133j:image

 

チームプランは龍さんのスプリント勝負。

 

それ以外は基本的に中盤の重要なステージでのアシストの為に温存するというプランだ。

 

僕は展開次第では逃げにチャレンジしたいと伝え、消耗し過ぎない程度に序盤のアタック合戦に参加した。

 

結局、有力チーム複数人を含んだ程よい逃げというのは決まらず、ふとした拍子に飛び出した1人が容認され、そこにジャンプしたもう1人とで逃げができることになった。

 

 

 

しかし逃げが行ってから、なかなかタイムボードが出ないなと思っていると、無線で急に5分差だと知らされる。

 

残り距離はもう短い。

 

慌ててプロ、プロコンのチームがペースを上げたが、狭く険しい周回コースでは思うようにペースが上がりきらないようで、結局1分17秒の差を残して逃げ切りを許すことになる。

 

 

 

 

 

最後の1周5kmの周回に入る時には、我々も警戒してまとまって前方で周回に入ろうと話し合っていた。

 

そんな最中、集団中腹あたりで増田さんが落車に巻き込まれるアクシデント発生。

 

そこで集団は分断する。

 

前方に残ったのは、龍さん、西村さん、そして僕。

 

増田さんを待つことも考えたが、無線での指示も無いし、龍さんの勝負もあったので、後ろに残ったメンバーに任せることにした。

 

 

 

小周回は、事前情報などあてにならず、危険極まりないもの。

道幅は狭くなったり広くなったりの繰り返しだし、レコードラインに穴ぼこがあったりもする。

そんなことだから落車も頻発。

 

 

なんとか勝負に絡める位置で踏ん張っていたが、龍さんと2人で混戦を掻い潜ることができず。

 

f:id:onoderider:20200207220702j:image

 

増田さんも集団に追いつくことは叶わず、タイム差をとられてしまった。

 

 

 

後味の悪いレースとなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース後はホテルに戻り、足早に昼食を食べて飛行機移動。

 

f:id:onoderider:20200207220443j:image

 

川沿いのテラス席でのランチ。

景色は良いがまぁまぁ暑い。

 

 

 

f:id:onoderider:20200207220737j:image

 

空港に向かうバスはポリスメン達がエスコートしてくれる。

 

一般車の流れを止め、我々を優先的に通行させてくれる。ありがたや。

 

 

 

f:id:onoderider:20200207220856j:image

 

飛行機は昨日同様の機材。そして座席。

 

f:id:onoderider:20200207220928j:image

 

1時間と45分ほど飛ぶと、ちょっと田舎チックな空港にたどり着いた。

 

今日はトレンガヌにやってきたぞ。

 

 

 

昨日までは割と街中感があったが、今日はまた風景が違う。

 

明日は海沿いを走る175kmの平坦ステージ。

 

 

 

レースはまだ始まったばかり。

増田さんのサポートをしながら、まずは安全第一で頑張ります。

 

 

 

 

それではまた。

エキストラベッドも広め

 

 

f:id:onoderider:20200206204335j:image

 

今日から連戦がスタート。

 

今日はUCIレースではないイベントレース。

コタキナバル市街地での10kmのサーキットを8周回する。

 

 

 

f:id:onoderider:20200206204451j:image

 

移動の都合上8時半スタートと早めなので、朝食は5時半に。

 

相部屋の龍さんとタイミングが違うので、朝は差し足忍び足。

 

 

 

f:id:onoderider:20200206204559j:image

 

レースは序盤の10数名ほどの逃げを容認して落ち着いた展開に。

 

プロツアー、プロコンチネンタルの力関係が集団内の位置関係でよく分かった。

 

コンチネンタルチームの我々はどうしても後方から攻めるしかない。

 

 

逃げが行ってしまい、おまけになかなかいいペースで逃げ続けるものだから、周回賞でもがくことすらない。

 

結局、ラスト1周でようやく捕まって集団スプリントの展開になり、久々のハイスピードスプリントのぶつかり合いにビビってしまって23位フィニッシュ。

 

怖がってしまった自分にガッカリだが、レース強度で走ることで身体が動くようになった気がします。

 

 

 

 

 

 

レース後はメカニック泣かせのカツカツ移動スケジュール。

 

コタキナバルからクチンまで飛行機移動。

 

f:id:onoderider:20200206205047j:image

 

僕はまたしても同じ機体の左窓側席だ。

 

f:id:onoderider:20200206205151j:image

 

雲の形を眺めながら過ごす…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の宿に着くと事件が。

 

 

 

f:id:onoderider:20200206205222j:image

 

"ダブルベッド!!"

 

 

龍さんと同じ布団で寝ることになるのかっ…!

 

 

 

 

 

 

f:id:onoderider:20200206205351j:image

 

大丈夫。

交渉してエキストラベッド運んでくれました。

 

しかも想像していたエキストラベッドよりも大きく、日本のビジネスホテルのシングル部屋のベッドと同じくらい。

 

これで2人とも快眠でしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ。

 

明日からはいよいよツールドランカウイのステージが始まります。

 

全8ステージ、頑張ってきます。

 

 

 

 

それではまた。

はじまります

 

 

ついさっきまで、明日のスタート地点付近にある特設ステージでチームプレゼンテーションが行われており、今日の更新が遅くなってしまいました…

 

f:id:onoderider:20200205230824j:image

 

後ろの液晶ではこんな演出があったんですね!

小森さんの写真を見て初めて知りました。

 

f:id:onoderider:20200205230958j:image

 

会場に着くと、綺麗なお姉さんにこの首飾りを一人ずつ着けてもらいましたよ。

ちょっと嬉しい。

 

f:id:onoderider:20200205231107j:image

 

日本で言う白バイ達もズラリ。

こちらではCBX750とNinja250が現役のようです。

大型車いたー!

 

 

明日から始まる計10日間のレースの前夜祭として、パフォーマンスや花火など、辺りはお祭り気分でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レース前日の今日は、午前中に軽くトレーニングに出かけ、午後はプレゼンまでゆっくり。

 

 

ここで、昨晩チームスタッフに買い出しついでに買ってきてもらったランブータンを食す。

 

f:id:onoderider:20200205231423j:image

そうそうコレコレ!

 

f:id:onoderider:20200205231532j:image

 

モジャモジャの皮を剥くと、艶々の身が顔を出す。

 

食感はライチに近いが、味はあっさりしており、ん〜なんと表現したらよいか、南国フルーツの味だ。

 

白く艶々の身の中には種があるのもライチらしいが、種の色は白色だ。

 

ビタミンCなど多く含まれているようなので、栄養補給にもちょうど良い♪

 

気候や輸出などの都合上、日本ではまずこのように生の状態で食べれないので、こちらの方へ来る機会があれば是非食べてみてください♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はコタキナバルの街中を周回する80kmのイベントクリテリウム

 

足慣らしを兼ねてひともがきしてきます!

 

 

 

それではまた。

ランブータンって知ってるかい

 

相変わらず朝早く目覚めてしまう僕は、今朝は暗いうちから外へ出てみたんだ。

 

モワ〜…

 

と、熱を帯びた空気がそこにはあった。

毎日熱帯夜みたいな感じなんだな…

 

ホテル内はおもてなしなのかクーラーがガンガンに効いており、外との寒暖差はかなりのもの。

 

f:id:onoderider:20200204203922j:image

 

今日は9時から練習に出かけたが、外は何もしていなくても汗が出てくる暑さだ。

 

吹いてくる風までもが熱風じゃないだけまだマシに思えた。

 

f:id:onoderider:20200204204028j:image

 

市街地を抜け島の中心に向かって走ると、いわゆる田舎道のようになってきて、練習にはちょうど良い道になった。

 

f:id:onoderider:20200204204140j:image

 

f:id:onoderider:20200204204143j:image

 

どこまで続くのか分からないような峠道に差し掛かり、滝のような汗を流しながら走った。

 

 

 

 

同じ道を往復して3時間弱。

 

暑さのせいで、時間と強度以上に疲れた感じだ。

沖縄で暑いと思っていたが、ここは更に暑い。

 

レースを走りながら順応していくしかないようだ。

 

 

 

 

そういえば今日、走っているときに道端にコレ↓が落ちているのを見かけた。

 

f:id:onoderider:20200204204539j:image

↓画像引用元

バリ島のフルーツ ランブータン

 

 

その時は、あ、懐かしい見た目!

 

と思っただけで名前は出てこなかったが、ランブータンというこちらの地方でしか育たないフルーツです。

 

幼い頃来たときに食べた記憶があって、この独特の見た目だけは記憶していました。

確か祖母の家の冷蔵庫には当時買ったこれのマグネットが付いていた気がする…

 

 

流石に味まではちゃんと覚えていないので、機会があれば滞在中にぜひとも食べてみたい。

 

 

 

 

 

 

さて。いよいよ明後日からレースは始まります。

 

まずはここ、コタキナバルでイベントレースを走って、明々後日からツアーが始まります。

 

 

島を渡る壮大なスケールのレースなので楽しみです。

 

 

 

 

 

それではまた。

南の国より愛を込めて

 

 

 

 

今朝は空港には余裕を持って着いていたはずなのに、チェックインでやたら時間を取られてしまい、朝食を掻き込んだと思ったらダッシュで搭乗ゲートに向かうという、それはもう慌しい出国でした。

 

f:id:onoderider:20200203211243j:image

 

ゲートの先で待っていたのはB-737と小さい機体。

 

え、乗り込むゲート間違えたか?と一瞬思ったが、これで合っていた。

 

そして窓側席。

主翼が見えるフォトジェニックポイントだ。

 

 

だが狭い。

 

 

 

飛び立つと一瞬眠気に襲われ、しばらくすると朝食なのか昼食なのか分からない食事が出され、その後は読書したりアニメ見たりして過ごした。

 

だいたい6時間くらいだっただろうか。

うたた寝から目覚めると、着陸まであと1時間ほどだった。

 

f:id:onoderider:20200203211612j:image

 

f:id:onoderider:20200203211718j:image

 

綺麗な海に大小様々な島が浮いている。

 

 

 

そして、コタキナバル空港に着陸。

日本との時差は1時間。

時差ボケに悩まされずに済む。

 

f:id:onoderider:20200203211759j:image

 

異国の地に降り立ってまず興味を持つのは自動車事情。

 

マレーシアは日本車率が高い気がします。

そしてイケイケに改造している車もまた多い。

 

バイクに関しては、やはり東南アジア圏は125cc前後のクラスが多く、大きくても250cc。

ポリスバイクが僕の乗っているニンジャと同じ型だったのに驚きだ。

 

 

 

f:id:onoderider:20200203212051j:image

 

空港から大会指定の宿までは主催者の用意したバスで移動。

日本の2チームとイタリアのチームで乗り合いだ。

 

 

f:id:onoderider:20200203212140j:image

 

f:id:onoderider:20200203212246j:image

 

ホテルはとても立派なたたずまいだ。

 

館内のにおいはやはり東南アジア圏お馴染みのにおいがして、天井が高めなのもこっちらしい作りだ。

 

あちらこちらに見える特徴が、どこか懐かしくも思える。

 

 

 

f:id:onoderider:20200203212652j:image

 

f:id:onoderider:20200203212656j:image

 

ホテルに着いたのは日も沈みかけた夕方だったが、狭い飛行機での移動でパンパンの脚をほぐす為に1時間ほど外へ走りに出かけました。

 

 

こちらの気候は日本の夏ですね。

 

湿度が高めで蒸し暑い。

 

夕方だったおかげで、うだるような暑さというわけでは無かったのはありがたい。

 

 

走っていると、十数年前に嗅いだことのあるような、どこか懐かしいにおいがしたりして楽しかった。

 

だが、夕方の街中は混雑していて走り辛い。

 

 

 

 

 

 

明日は気候に順応する目的も兼ねて、長めの時間をとって練習する予定です。

 

 

 

 

明日の朝食が楽しみだぜ。

 

それではまた。

お代はいらないぜ

 

 

沖縄から帰って1週間足らずで出発の準備をしている。

 

もう明日にはマレーシアに向けての移動を始めるのだ。

 

 

 

沖縄から帰ってからは体の回復とコンディショニングを優先にしてきました。

 

幸いにも寒暖差による体調不良などにならずに済んでいます。

 

 

 

そしてこの、沖縄とマレーシアの間の約1週間のうちに映画を2本観てきた。

 

公開時期の被った2作品。

 

f:id:onoderider:20200201193937j:image

 

劇場版ハイスクール・フリート

 

f:id:onoderider:20200201194004j:image

 

メイドインアビス 深き魂の黎明

 

の2作品。

 

どちらもアニメを見たことがあって好きな作品。

 

メイドインアビスに関してはずっと続きが気になっていたところだ。

 

 

 

 

ハイスクールフリートはとにかく楽しめた作品でした。登場キャラが多くて華やかだし、あまりイメージの無い女の子どうしの艦内での掛け合いや、迫力のバトルシーンなどなど、楽しませてくれる内容でした。

 

 

メイドインアビスは元々謎多き不思議な世界の話だが、ここだまた一つ謎が明かされたというか、さらに謎が深まったようにも思えました。

そしてTo be continuedときた。

はよ続きが知りたい!

 

とにかくナナチの「ンナ〜」が聞けて満足です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日メイドインアビスを観に行った際、入場前にどうしてもお腹が空いてしまって、ポップコーンなるものを買ってしまったのだが、普段買わない僕はサイズ感を知らないで買ってしまい、とてもお一人様用のサイズでないものを出された時に唖然としてしまったのだ。

 

おまけにポップコーンをポリポリ食べながら観れるような作品でもないわけで。

 

結果的に4分の1程度の量しか食べれず。

 

 

でも大丈夫。

ここには僕の次の時間帯に上映されるハイスクールフリートを観にきた弟の慶が来ている。

 

 

お代はいらないぜ。

 

と、劇場の入り口でたんまりポップコーンの入ったバスケットを渡してきた。

 

 

優しい兄貴だぜ、まったく。

 

 

 

 

 

 

 

 

さーて。スーツケースの支度しますかね。

 

 

 

それではまた。