オノデライダー戦記

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

ブラックフライデー、なにか買いましたか?

 

オフシーズン突入直後からの怒涛のイベント&メディア出演で、オフらしい感覚があまり無いオノデライダーです。

 

 

 

いや、オフらしいといえばオフらしいのですよ。

 

f:id:onoderider:20221129192310j:image

行きつけの伝説のすた丼屋で合盛り丼食べたり。


f:id:onoderider:20221129192306j:image

f:id:onoderider:20221129192300j:image

f:id:onoderider:20221129192627j:image

那須塩原クリテリウムの副賞で頂いた牛乳と沖縄産のラム酒&サトウキビの三盆糖を使って試作カヌレを焼いてみたり。

f:id:onoderider:20221129192818j:image

 


f:id:onoderider:20221129192303j:image

スーパーでポテチやらティラミスやらを買い込んでビールで流し込んだり。

 

 

 

とまぁ、こんな具合にお仕事の合間でオフのうちにやりたいことリストを少しずつ消化していっています。

 

 

 

 

ちなみに最初に着手したやりたいことは部屋の模様替え。

 

この通り、ようやくひと段落ついたのですが。

f:id:onoderider:20221129193131j:image

 

あろうことか、アニメ観賞用モニターを罪深い位置に配置してしまいまして…

 

f:id:onoderider:20221129193128j:image

なんと、ベッドに寝転んでの観賞が可能になりました!

 

 

素晴らしく怠惰な生活が送れそうな配置にしたのは良いのですが、今まで使用してした枕だけだと少々高さに不満があり…

 

ちょうどブラックフライデーとやらがネットショップ等で始まっていたこともあり、セールで売っていた大きめの枕を購入しました。

 

f:id:onoderider:20221129193455j:image

適度な高さもあり、これで寝転んでの観賞にちょうど良くなりました。笑

 

布団に入りながらアニメが観れるので、今年はコタツを出さずに済むかも?エコだね!

 

 

 

 

 

 

枕以外にもせっかくのブラックフライデーセールなので、ついでに何か買おうと商品を漁っていて目に止まったのが、シュアラスターの固形ワックス。

 

これまでも同社のインパクトワックスを愛用していましたが、この度シリーズ最高峰のマスターワックスを購入!

 

f:id:onoderider:20221129193721j:image

早速、愛車のレビンに施工。


f:id:onoderider:20221129193718j:image

24年経ったボディですが、イイ艶が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ、こんな具合に趣味の時間を堪能しております。

 

 

この他にもバイクのマフラー加工だったり、サーキット走行会に向けた車の準備だったり…

 

やりたいことリストはまだまだ山積みですが、限りある時間を有意義に使って消化していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

次なるイベントはシーズンエンドパーティーですね!

 

残念ながら今回もパーティーの内容については関与できませんでしたが、皆様に楽しんでいただけるよう頑張りたいと思います。

皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

 

 

チームのパーティーの後は来季の契約、記者発表、プロモーション撮影等があり、JCLアワードまでビッシリ予定が詰まってます!

 

 

 

そうそう、参戦を検討していた宇都宮CXですが、カーチャンとのアフタヌーンティー会がその日に入ったので参戦しません!

 

年内にオノデライダーCXの活動はありませんが、年始のタイミングで参戦可能なレースがあれば参戦するかもしれません!

ちなみに参戦する場合はC3です←

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしていたらあっという間にクリスマスですね…

 

 

 

 

それではまた。

オフの幕開け(後編)

 

宮古島2日目の朝。

f:id:onoderider:20221117131609j:image

雲は多いが晴れ間も見える。

最高気温は27度。常夏の島だ。

 


f:id:onoderider:20221117131558j:image

伊良部島を出る前に日本一長い橋を眺めておく。
f:id:onoderider:20221117131539j:image

 

 

 

 

本島に戻った我々は、海岸沿いの道をのんびり走る。

 

途中、ドイツ村なるものがあり、そこでグラスボートに乗れるかも…と問い合わせすると、お昼からの便しか空きがなく、レンタカー返却の時間に際どかった為断念。

 

それからは、せっかくなら宮古島の先っちょに行ってみようぜ!と、島の先っちょを目指して走った。

 

先っちょ…東平安名岬までの道は、アップダウンを緩やかに繰り返しながら、信号が無い道がひたすら続いた。

 

自転車で走るにもご機嫌な道に思えた。

 

f:id:onoderider:20221117132105j:image

上の写真で示した場所が東平安名岬。

先っちょというのにふさわしい形でしょう?

 

 

岬に着くと、小さな白い灯台と断崖の景色。

 

300円で灯台に登れたので、登ってみることに。

なんとなくヴァイオレットエヴァーガーデンのワンシーンを思い出す。

 

 

 

登り切るとそこは絶景。

f:id:onoderider:20221117131621j:image

海からの心地よい風と程よい暑さが最高に気持ちイイ。


f:id:onoderider:20221117131545j:image


f:id:onoderider:20221117131548j:image


f:id:onoderider:20221117131606j:image

記念のツーショット。


f:id:onoderider:20221117131542j:image

この灯台だよ。

 


f:id:onoderider:20221117131551j:image

先っちょでフォトジェニックに雄大に撮ってもらったヨ。

 

 

 

 

 

 

 

東平安名岬を後にした我々は、島の最高標高地点にある比嘉ロードパークまで走って作戦会議。

f:id:onoderider:20221117133020j:image

 

 

小休憩にカフェでも寄ってから、天ぷらを食べに島の駅へ行くことになった。

 


f:id:onoderider:20221117131631j:image
f:id:onoderider:20221117131612j:image

僕はコーヒーとクレームブリュレ

これも罪悪感なく食べれる幸せ。

 

今日食べ過ぎちゃったから明日のトレーニング頑張らないと…とか余計なことを考えずに済むのは最高だ。

 

 

 

 

 

 

 

島の駅みやこに着くと、早速天ぷら屋に目が止まり、2人で一緒に注文。

 

雄大がもらった地域クーポンでご馳走になった。

f:id:onoderider:20221117131601j:image

左がさかな天、右がもずく天、いか天、唐揚げだ。

 

雄大の大好物のさかな天。美味し。

沖縄の天ぷらは衣が分厚く、まるでフランクフルトのよう。

 

雄大は5個くらい食べていたなぁ。

 

 

 

 

天ぷらだけじゃ物足りず、僕は売店で沖縄のソウルフードSPAMを使ったポークたまごおにぎりとご当地パンを買ってきた。

f:id:onoderider:20221117131554j:image

スパムの味、久々だけどやっぱこれだよね。


f:id:onoderider:20221117131624j:image

コレ、めっちゃジャンキーな味します。笑

 

 

 

 

 

島の駅でお土産も買い込み、残った時間を消化する為に近くのブルーシールへ。


f:id:onoderider:20221117131603j:image

シングルで頼んだが、ダブルで渡された。

ちょっと得した。

 

 

中途半端に残ってしまった時間をどうするか考えていた時、ふとやり残していたことを思い出した。

 

島の名物?であるまもる君との記念撮影だ。

 

f:id:onoderider:20221117131628j:image

ちょうど近くに立っている交差点があったので歩いて会いに行った。

 

島には約20体ものまもる君が立っており、しかもそれぞれ名前があるらしい。

しかも全員兄弟という設定だとか…

 

 

我々が会いに行ったまもる君はりょうぞうという名前らしい。

 

f:id:onoderider:20221117134423j:image

f:id:onoderider:20221117134430j:image

 

せっかくなのでりょうぞう君と宮古島の安全を見守ってきました。

 

 

 

 

 

レンタカーを返却し、宮古空港へ。


f:id:onoderider:20221117131618j:image

島の空港だが立派な佇まいだ。

 

 

ここで雄大那覇行きに、

僕は羽田行きの飛行機に乗り込んだ。

 

 

なかなか行くこともないであろう宮古島観光は、とても充実したものになりました。

行き当たりばったりのノープラン旅も良いものです。

これができるのは一人旅か気の許せる友人とだけだし。

 

 

 

ありがとう宮古島!ありがとう雄大

 

 

 

 

 

 

 

羽田からは、スーツケースを引きずって歩き回るのを嫌い、初めて高速バスのマロニエ号にお世話になった。

 

ターミナルから宇都宮駅まで一本で行ける。

 

 

お気に入りのラノベを読み終えて、せふと車内誌を開くとJCLの広告が。


f:id:onoderider:20221117131615j:image

もっと沢山の人の目に触れるスポーツになってほしいなぁと思い耽った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終バス前に宇都宮へ着き、久々に感じる冷たい空気の中、家の最寄り行きのバスを待つ。

 

宮古島では全く感じなかったが、季節はもう冬になりつつあり、僕の大好きなクリスマスの季節が始まっていることを感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮古島旅のブログはここまで。

お付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

引き続き、オフの出来事はブログ以外にも僕のSNSで随時更新していきますので、気が向いたら僕のオフの出来事を覗いてみてください。

 

Twitter

@maverick_rei

 

Instagram

onoderider

 

 

 

 

それではまた。

 

オフの幕開け(前編)

 

 

 

3年ぶりに沖縄で終わったシーズン。

 

 

つまり3年ぶりにオフの沖縄旅の機会がやってきたということ!

 


直近だと19年に、レース翌日にレンタカー(BMW Z4)を借りて沖縄本島を美味しい物を食べながらドライブして、那覇に戻ってからは国際通りで行きつけの居酒屋に行って沖縄の料理とお酒を楽しんだりしたのが最後。

 


絶対に自分では買わない車に乗って、沖縄の風を感じながらドライブするのが恒例になっていた。

 

 

 

 

 


3年ぶりとなった今回も、ツールド沖縄が開催されると分かってからは旅のプランは立てていた。

 

 

 

 

毎回、最終戦となる沖縄では、チームでチケットを予約する際、監督が気を利かせて帰りの便を遅らせるかどうかの希望を取ってくれる。


僕はギリギリまで悩んで、今回は走り尽くした沖縄本島では無く、離島に行くことにした。

 

 

 

宮古島だ。

 

 

 

国内で沖縄本島より南に行ったことが無い僕には未知の世界。


離島は沢山あるが、何故宮古島にしたのか。

まぁ、僕のことを知る人ならすぐピンとくることでしょう。

 

 

聖地巡礼

 

 

アニメには作品それぞれにモデルになった場所が存在する。


実在する場所や地域を舞台にすることも少なく無い。

作品を愛する人が実際にその地に足を運び、物思いに耽ることを俗に聖地巡礼と言われている。

 

 

 


今回、タイミング良く好きな作品の最終回を見終えたタイミングで、その最終回に登場した場所が宮古島に実在することを知った。

 


宮古島聖地巡礼なんて、こんな機会でも無いと行くのは難しいと考え、宮古島に飛ぶことにしたのです。

 

 

 


今回、聖地巡礼する作品は「リコリス・リコイル」


最終回に登場したのは宮古島伊良部島にある「ブルータートル」というお店。

 


夕焼けに染まる海辺のこの店で千束とたきなが語らうシーンで登場する。

 

 

 

 


今回宮古島に旅をすると決めた際、僕が毎回沖縄のレース後に滞在することを知っていた雄大が、諸事情でレース後にしばらく沖縄に滞在するらしく、せっかくなら一緒に行こうと申し出があり、今回初めて2人で旅することになったのです。

 


沖縄(石垣島)出身の雄大でも宮古島は初めてだそうだ。

 

 

f:id:onoderider:20221116114831j:image

 

レース翌日は空港までチームと行動を共にし、空港で別れた後は雄大と合流し、昼の便で宮古島へ飛んだ。

 

 

宮古島に初上陸したその日は、レンタカーを借りて気軽に行ける観光スポットへ行くことに。

何せこの日まで聖地巡礼以外はノープラン。

飛行機に乗りながら作戦会議をしたのだ。

 

f:id:onoderider:20221116114912j:image

今回借りたのは現行型のフィット。今回は車種にこだわらず予約していた。

様々な過保護な機能満載で、不気味な操縦感覚だった。

 

 


店の予約の時間までで行けそうな所…ということで海中公園へ。

 

f:id:onoderider:20221116115129j:image


修学旅行の時に沖縄本島でも似たような施設に訪れた事があったが、宮古島で久々に体験すると、これはこれで楽しかった。

 

f:id:onoderider:20221116115152j:image
f:id:onoderider:20221116115155j:image

 

 

 

 

ドライブと買い物をしながらお店とこの日泊まる宿のある伊良部島へ。

 

 

伊良部島へは「日本一長い無料で通行できる橋」として有名な伊良部大橋を経由する。

 

f:id:onoderider:20221116115351j:image

この写真は翌朝撮りました。

 

f:id:onoderider:20221116115305j:image


綺麗な海の上を走る爽快感。沖縄にはそんな海中道路が点在しており、これが沖縄でドライブするのが好きな理由の一つだ。

 

 

 

 

 

 

一度、宿に荷物と車を置きに行き、歩いて目当てのブルータートルへ。

(お酒を飲むと決めていたので徒歩で行ける範囲で宿を選んだ)

f:id:onoderider:20221116115506j:image

宿からの眺めもいい感じだ。 

 

 

 

 

 

 

 

10分ほど歩いた先にお店が見えた。

 

f:id:onoderider:20221116115543j:image

 

店の外観は作品に登場したそれそのもの。

 


作品のシーンと同じ夕焼けのタイミングが良かったので、1週間くらい前に17時半にテラス席を予約しておいた。

 


案内された席は、作品とほぼドンピシャのテラス席。

f:id:onoderider:20221116115612j:image

席に着いたタイミングでちょうど夕陽が綺麗に見えていた。

 

 

 

同じ作品を見た二人はそっくりな景色に感激しつつ、飲み物と食事を注文。

 

 

 

僕はお店のオリジナルカクテル、ブルータートルをオーダー。

f:id:onoderider:20221116115636j:image


泡盛好きの雄大は水割りの泡盛

 


オフの幕開けに乾杯。

 

 

 

f:id:onoderider:20221116115743j:image
f:id:onoderider:20221116115740j:image

ピッツァは2人で分け合い、それぞれで料理を選んだ。

 


僕は宮古牛のハンバーグ。

 

f:id:onoderider:20221116115805j:image


肉汁たっぷりのハンバーグを罪悪感を感じることなく食べれるのはオフシーズンの最高の瞬間である。

 

 

 

 


ひとしきり景色と食事を楽しんでいると辺りはすっかり暗くなった。

 

f:id:onoderider:20221116115922j:image

 

満足したのでお店を後にして宿に戻る。

帰路を歩いていると道沿いで蛍が飛んでいた。

宮古島は手付かずの自然が多く残っていることでも人気の場所だけあって、身近に大自然の豊かさを感じることができた。

 

 

 

宿の下にあるスーパーで軽食とお酒を買って部屋で明日の作戦会議。

 


伊良部島内をカートで走りながら観光スポットを回るアクティビティがあると聞いていたので、そこへ行こうと考えていたのだが、予約がいっぱいで断念。

どうやら人気らしく、3週間くらい前から予約しないといけなかったらしい。

 

 

 

 


もうこうなったら行き当たりばったりでドライブしながら過ごそう!

というノリになり、特に計画を立てないことになった。笑

 

 

 

 


それからも、宿の中にあるレストランで追い食事。

 

f:id:onoderider:20221116115901j:image
僕は伊良部海鮮丼。

 


初めてイラブチャーなる魚を食べた。

f:id:onoderider:20221116120055j:image

脚注:https://www.zukan-bouz.com/sp/syu/ナンヨウブダイ

沖縄周辺でよく獲れて人気らしい。

石垣島出身の雄大イラブチャーと呼んでいたが、場所で色々と呼び名が変わるらしい。

 

 


身は白く、表面には青い鱗が少し残る刺身は、少しコリコリした食感で…

何の味に近いかとか形容しようと思ったのだが魚の知識に浅い僕には上手く表現できない。


ただ、とても美味しかった!!

 

 

 

 

 

旅の初日はここまで。

お腹も満たされて満足感の中眠りについた。

 

後編へつづく。

かもしれない…

 

 

シーズン最終戦ツールド沖縄

 

3年ぶりにシーズン最後を沖縄で迎えました。

 

とても懐かしいこの感覚。

沖縄の空気。どことなく他のレースとは違う雰囲気。

 

朝4時の朝食から始まった当日は、髪の毛が爆発している選手達が眠たそうにしながら食事をする。

 

朝から雨が降り、皆憂鬱そうだ。

 

僕も憂鬱だった。

f:id:onoderider:20221114074951j:image

 

スタート地点に向かうと、雨が少し弱まってきた。

幸いにも沖縄はこの季節でも雨が降っても寒くない。

 

 

 


f:id:onoderider:20221114074936j:image

気分が晴れないまま6時45分のスタート。

ちょうどこの日の日の出の時刻だ。

 

 

スタートするとアタック合戦が始まるが、朝イチのそれはどれも切れ味に欠ける。

 

僕らも序盤から逃げに乗っていきたいプランだったので、その機会を伺うが、コースも序盤は平坦基調なのでなかなか決定打が出ない。

 

 

 

そんな中、少しアタック合戦が中弛みしたタイミングで宮崎くんが飛び出す。

 

f:id:onoderider:20221114080015j:image

いいタイミングのアタックだったが、これに便乗する選手は無く…

ここから宮崎くんの120kmに及ぶ独走劇が始まることになった。


f:id:onoderider:20221114074942j:image

宮崎のアタックを容認した集団は一気にペースダウン。

サイクリングペースで距離を消化していく。

 

1度目の上りを前にレバンテのバトムンク選手が1人で追走を始める。

 

 

1回目の普久川の上りを越えて、最北端の辺戸岬あたりからブリヂストンがコントロールする動きを見せるが、ペースが上がったわけでは無い。

この時、宮崎と集団のタイム差は11分を超えていた。

 

やがて2度目の普久川の上りで右京やキナンがペースを上げ始め、宮崎の逃げは上り切った少し後で終わった。

 

宮崎は本調子では無かったものの快走を見せ、一度のスプリント賞と山岳賞を獲得!

 

 

その少し後でレバンテの選手も吸収され、集団は一つになった。

 

誰もが最有力の右京の出方を伺っているようだった。

f:id:onoderider:20221114074924j:image

我々も4人を集団に残して次の動きに備えていたが、東村あたりを前にアタックが始まり、新城選手をきっかけに、吉岡選手、エンクタイヴァン選手、僕の3人が反応。

 

一時は4人の逃げになるが、上りでは脚の残り具合に差があり、思うようにペースが上がらない。

 

僕としては最後の羽地の上りを有力選手と真っ向勝負することは避けたかったので、この逃げは願ってもない好機だったのだが、それを失うのが嫌で、ローテを嫌う選手を他所に、僕が筆頭となりペースを作ることにした。

 

ところがこれが失敗。

まさかの単独逃げになってしまう。

 

まだ脚があるように見えた新城選手を前で待っているつもりだったが、せっかく築いた集団とのタイムギャップを失うのが怖く、脚を止めて待つのを躊躇ってしまった。

 

結果、新城選手の合流は叶わず、単独で行くところまで行くしか無くなった僕は、一か八かをかけた独走態勢へ。

 

タイムギャップは1分。

残り距離20km。

 

チームカーの監督から行け!行けるぞ!と激励され、もう今更引き返すという選択肢は無くなった。

 

 

 

羽地へ向かうまでの地味にきついアップダウンと向かい風が僕を苦しめ、更に後ろは右京勢が盤石の態勢で上りへ向かっていたという。

 

 

一人で苦しみながら逃げている時ずっと、

「僕は増田さんかもしれない」

「増田さんの走りができるかもしれない」

「今乗っているのは増田さんが乗っていたバイク。だから行ける!」

と自分に言い聞かせていたが、僕はとんでもない勘違いをしていたようだ。

 

僕は増田さんほど強くないし、仕掛けるタイミングとか、展開の読み方とか、まるで下手くそだった。

 

 

 

やがて、虚しく羽地の上りに差し掛かったタイミングでペースが上がった集団に飲み込まれ、そのペースについていくことすら出来ずに僕は遅れた。

 

 

 

欲を出して無謀な挑戦をして勝機を棒に振ってしまった。

 

 

 

自分勝手に走った僕に代わって、アベタカさんが6位に食い込んでくれた。


f:id:onoderider:20221114074939j:image

僕は上りで遅れた選手と共にゴール。

順位など知らない。

 

 

 

 

 

よくよく考えれば、あの時独走を始める前、新城選手と吉岡選手を待って、上手く3人で逃げていれば、右京の動き方も変わって逃げ切りの可能性もあったのかもしれない。

 

新城選手と2人だったとしても、1人で逃げるより遥かにマシだったはず…

 

 

 

自分の判断の甘さにウンザリだ。

 

 

 

 

良いように言えば、チャレンジングな走りをしたと言えるのだろうが、選手として見れば無謀そのもの。

 

増田さんですら羽地の上りからの独走なのに、それよりも前から僕が逃げ切れるはずも無いだろう。

 

 

シーズン最後のレースをなんとも複雑な思いで終えることになってしまった。自業自得だが。

 

 


f:id:onoderider:20221114074927j:image

でも、宮崎が山岳賞獲得して表彰の機会を作ってくれたし、チームとしても存在感のあるレースができた。

 

 

 

終わったことに後悔してももうしょうがないし、この日の経験を今後に活かせるようにしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ!待ちに待ったオフシーズンを楽しもう!!


f:id:onoderider:20221114074945j:image

先ずはA&Wのジャンク飯から!


f:id:onoderider:20221114074930j:image

地元オリオンビールはもちろん!

 


f:id:onoderider:20221114074920j:image

夜はみんなで打ち上げ!!

 

レース後の沖縄の夜はとても楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

今日から僕は一泊長く沖縄滞在。

 

今回は新たな旅プランを立てているので、近況報告を楽しみにしていただければと。

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて、今シーズンも沢山の応援ありがとうございました!

 

シーズン序盤から今日まで走り抜くことができたのは、沢山の応援があったからこそです。

 

とても沢山のことを経験できた、過去1番の良いシーズンだったと思えます。

 

 

 

 

 

少しばかりオフシーズンを楽しんで、また新たなシーズンに向けて進んでいこうと思います。

 

 

 

それではまた。

オフまであと210km

 

 

3年ぶりにこのタイトルのブログを書く。

 

ここ最近の2年はこの日はすでにオフシーズンだったからね。

 

 

コロナ禍で中止になる前は毎年出場していたレース。

寒くなってきて、オフに入るのが2週間伸びるのは正直キツいが、ツールド沖縄を走り切ってオフに入るのはまた違った達成感と解放感があるから好きだった。

 

 

 

 

 

今年は最初から最後までフルで走ったシーズンだったように思う。

シーズン後半なんて、色々重責背負ったりしながら走って疲れた気もする。

 

だから、今年は先日の山口でもう終わりたかったのが本音。

 

 

でも、久々に沖縄で〆るシーズンになるので、もはやそれだけを楽しみに遥々南の島へやってきた。

 

f:id:onoderider:20221112185012j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沖縄入りの昨日は、朝早い便で沖縄へ飛ぶ為、前日木曜日の夕方から空港近くに移動しました。

 

 

f:id:onoderider:20221112185207j:image

木曜日の移動前には駅で宇都宮餃子をキメた。

餃子祭りで餃子ローディングできなかったからな。

 

 

 


f:id:onoderider:20221112185204j:image

金曜の朝は懐かしの京浜急行で羽田入り。

空港の少しお高いモーニングを頂いた。

 

出発ロビーのテラス席って、なんとなく大人な雰囲気が出る気がする。

 

 

 

 

 

 

 

久々の沖縄へのフライトは、短距離フライトが多かった最近から比べるととても長く感じた。

隣の席の人が美味しそうなのを食べていたこともあり、その日の朝食が少なかった僕は、フライトの半分以上の時間を空腹を堪えながら過ごした。

 

お気に入りのシリーズのラノベが無かったら耐えられなかったかもしれない。

 

 

 

 

f:id:onoderider:20221112185455j:image

沖縄に着いて、待ちに待った食事!

空港内レストランでお馴染みのメニューを。

 

ここへ来るときは決まってソーキそばとジューシーを組み合わせて食べていた記憶があったが、過去の写真を見たらやっぱりこの組み合わせだった。

 

 


f:id:onoderider:20221112185500j:image

お昼を済ませた後は、コースの試走へ。

今年は最後の羽地ダムの上りのレイアウトが変わっていた為、その下見も兼ねて。

 

 

f:id:onoderider:20221112190529j:image


f:id:onoderider:20221112190533j:image

 

久々に走る沖縄の大地は暑くて気持ちが良い。

 


f:id:onoderider:20221112185507j:image

その日の夕方、コンビニで宮崎くんがカヌレを買ってきてくれた。

沖縄のローソンカヌレは焦げ気味でした。

 

 

 

 

 

今日は朝から1時間半、雨の中本部半島を走った。

雨の中を凍えずに走れるのは沖縄ならでは。

 

 

その後はお馴染みの名護曲食堂へ。


f:id:onoderider:20221112185503j:image

ゴーヤー御前。

 

ここは沖縄の味が色々と楽しめる馴染みのお店。

3年ぶりに訪れた今日も変わらぬ美味さで嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は4時起きで朝食。

 

朝早めの僕ではあるが、流石に沖縄の朝は早すぎる。

まぁ、日の出と共にスタートする唯一無二のレースを楽しむとしよう。

 

 

そしてゴールした瞬間オフになるあの開放感を味わいにいこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた。

オノデライダーは弱い。けれど、誇らしく思う。

 

 

今日は今年最後のJCL公式戦。

 


秋吉台カルストロードレース

 

 

 

 


あれだけ重たく感じたイエロージャージを着て走るのも今日が最後というわけだ。


f:id:onoderider:20221030201034j:image

 

 

 

絶対的エース不在の今回は、アベタカさんと僕が中心にレースを走ることになる。


プランを練るのは難しかった。


上りで勝負できる確信がある選手がいないからだ。

 

f:id:onoderider:20221030201200j:image

このレースはカルスト台地を舞台にしたアップダウンに富んだコース。

一周29.5kmを4周する。

ゴール前1kmは急勾配が延々と続くコースプロフィール。

 


要は急勾配の上りで勝負できる脚が無ければ話にならない、というわけだ。

 


上りエース不在の我々は何とか戦えそうなプランを話し合って用意したが、僕は自信を持ってそのプランを思い描くことができなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気は気持ちの良い秋晴れ。

カルスト台地が良く映える。

 

f:id:onoderider:20221030201601j:image

 

 

レースがスタートすると、いつもとは違ってスロースタートとなった。

 


早いうちからチーム右京が集団前方を固める動きを見せ、レースを支配する姿勢に見えた。

 


そのため、大人数での逃げは出来ず、単独先行などがチラホラできる程度にとどまった。

 


スプリントポイントに向けた動きなどでペースの変動があったりしたが、常にチーム右京やキナンが集団前方を走り、コントロールしていた。

 

 

 

我々も集団前方に位置取り、レースを落ち着いて展開する。

 

f:id:onoderider:20221030201632j:image

 

集団の空気感が逃げに不利だと分かると、プランに含まれていた有力勢との逃げ、という形は難しいだろうという判断になった。

 

 

 

 


レースを支配下に置くチーム右京は、想定通り、1周目のラストの上りで動きを見せた。

 


上り以外では有力な逃げを許さずペースコントロールをし、上りで仕掛ける。

 


上りに自信が無ければできない走り方だ。

 


最初の上りは、後半に少しペースアップがあったが難なくクリア。

集団前方でフィニッシュ地点を通過する。

 

 

 

この時、アベタカさんが機材トラブルで遅れていたが、幸いにも集団のペースは上がらず、しばらくして合流できた。

 


この周は上りで遅れた選手もその後の区間で追いつける状況。

 


チームメイト達もしっかりそばに揃っていた。

 

 

 

それからも、有力チームがそれぞれ選手を先頭に送ってペースメイク。

 


ラストの上り以外の区間では特に大きな動きは無く、平均的なペースでレースは展開する。

 

 

 

2回目の上りは少しキツかった。

下からチーム右京がペースを上げて上りに入り、それについていけたのはごくわずかの選手だった。

 


僕も遅れを取り、その次のセカンドグループで上りきり、前を追った。

 


ここでも先頭のペースは上りの後は上がり切らず、早いうちに合流できた。

 

 


迎えた3回目の上りも再びふるい落としがあった。

 


やはり前に残るのはチーム右京やキナンの精鋭達。

 

f:id:onoderider:20221030201724j:image

 

僕は思うように身体が動かず、そこにくらいつけなかった。

 

 

 

頂上でジャンを聞き、最後の1周へ。

 


先の周より先頭と差ができてしまったが、セカンドグループでローテーションをして前を追い、後ろから合流した遅れていたチームメイトの助けもあって集団は一つになった。

 

 

 

一つになってから集団は牽制状態になった。

常にチーム右京の目が光る中でアタックする動きもそう出来ず、そもそもできる脚がある選手も限られていたのだろう。

 


当然、僕にも余裕が無かった。

 


できることなら最後の上りを前に逃げを決め、アドバンテージを持った状態で上りに入りたかった。

上りを真っ向勝負するには分が悪すぎるからだ。

 


余裕が無い僕にはそんな動きはトライできない。

 

 

 

一度、折り返しの区間で3名ほどで飛び出してみたが、後ろの状況を見るに不利に思えたので僕は早々に切り替えて後ろを待つことにした。

 

 

 

そんな中、帰路の上りで堀さんが渾身のアタックを決めてくれ、キナンとの2人逃げでアドバンテージを作った。

 

 

 

この動きには大変助けられ、その後の後ろからの追走の動きも多少の余裕が生まれた。

 


有力選手の動きを外さないようにチェックしながら最後の上りへ差し掛かる。

 


 

 


堀さんの先行は続いており、僕は内心「堀さん行け!!」と叫び続けていた。

 


上り勝負をする右京やキナンの選手と真っ向勝負できる脚は僕には無い。

 

 

 

ただ限界ギリギリのところで耐えて上り切る。

僕にはもうそれだけしかできなかった。

 

 

 

強い選手達が駆け上がって行くのを後ろで見ているしかできない自分が情けなかった。

 

 

 

 


そのまま行けるかと思った堀さんは惜しくも6位。

 

f:id:onoderider:20221030201818j:image


僕はその後方9位でフィニッシュした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のJCL戦で、リーダージャージを着て、チームのエースとして望んだレースは惨敗。

 


僕自身、自己評価もかなり低い。

僕のために尽くしてくれたチームメイトには申し訳ない走りをしてしまった。

 

 

 

 

 

 

 


改めて、今回ロードレースをエースとして走ってみて、常にどんなレースでもエース役の筆頭になり、そこで皆の期待を背負いながらも結果を残してきた増田さんの凄さに気づかされました。

 

 

 

そう思うと、すぐ弱気になるし、決定打を打てる脚を持たない僕は、まだまだエースの器では無いのだなと痛感する。

 


各チームのエース選手を尊敬します。

 

 

 

 

 

 

こんなこと言うのもなんだが、レース前、レース中、増田さんにポジティブな言葉をかけて欲しかったな…と。そう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年最後のポイント付与対象レースであるツールド沖縄を残しているが、今回の結果をもって僕の年間個人総合優勝が確定したようです。

(逆転されるとしたら、増田さんが沖縄で優勝した場合のみ)

 

f:id:onoderider:20221030201923j:image

シーズン後半からこのジャージを受け継ぎ、その当初は最後はちゃんと増田さんが着てくれるだろうと思っていたイエロージャージ。

 


それが突然、僕がキープしなければいけなくなってからは、かなりのプレッシャーがあった。

 


僕に増田さんの代わりは務まるのか。

 


勝手に気持ちが追い込まれていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、チームメイト達に助けられて、ここまで走り切れました。

 

f:id:onoderider:20221030202125j:image


不甲斐ない僕を最後までアシストしてくれた素晴らしいチームメイト達を誇りに思います。

 

 

 

 


そして最後まで全力で応援してくれたファンやサポーターの皆様、ありがとうございました!

 


SNSのコメント、現地での応援にどれだけ励まされたことか。

 


皆さんには本当に感謝しています。

 

 

 

 

 

 

 

さて。

今回の山口遠征は後泊が無いので宇都宮に帰ってきました。

 

宇都宮の終バスは早いので、急遽弟タクシーを召喚。

f:id:onoderider:20221030222847j:image

カーチャン付きでした。

 

 

 

 

 

 

残すはツールド沖縄だけ!

オフまであと210km。

最後まで頑張ります!

 

 

 

っと。その前にツールドフランスさいたまクリテリウムにモブキャラ参戦しますので!

こちらもよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

それではまた。

勝手に重いと感じていた

 

この1週間、僕はずっと落ち着かなかった。

 

チームの絶対的エースで司令塔の増田さんが不在のまま迎える最終局面だということ。

そして、大分アーバンクラシック以降から、再び着ることになったイエロージャージ(個人総合ポイントリーダー)を、ランキング2位の増田さんが不在となってしまった残りのレースで、僕がこれを失うのが怖かったからだ。

 

残るレースで僕がヘマをしてしまうと、リーダージャージを失うことになるし、そうなった時には残りの少ないステージ、もしくは最終レースで逆転されると、取り返しがつかないからだ。

 

託された以上は責任を持ってツアーリーダーを守りたかった。(勝手に託されたと思っているだけなのだが。)

 

 

f:id:onoderider:20221029183036j:image

今日は朝から晴れ。

海沿いということもあり、風はやや強い。

 

去年と同じ名前のレースだが、コースは新提案された一周1.5kmのショートコース。

f:id:onoderider:20221029184340j:image

全体的に昨年と比べたら広いコースだが、狭い区間もある上、強風が吹くとなるとかなり厄介なコースだ。

 

 

 

 


f:id:onoderider:20221029183044j:image

後からスタッフから聞くと、スタート前から明らかにいつもよりピリピリしていたらしい僕。

 

今日のポイント獲得も個人総合優勝にとっても重要だし、チーム総合優勝(年間の勝利回数で決まる)も今日勝てればまだ可能性があったので、様々な勝負がかかっているのだと、勝手に自分に重責を与えていたからだろう。

 


f:id:onoderider:20221029183018j:image

レースが始まると強めの風も吹き始めていて、常に縦一列になるような状況。

 

狭い区間から少し上る区間もあり、その繰り返しにより、常に伸び縮みを繰り返していた。

 

本来ならチームのプランとして、前回の那須塩原クリテリウム同様に、逃げの展開を作ってそこで勝負したかったが、序盤からキナンがコントロールする姿勢を見せていたり、アタックをしても風とコースが要因で思うようにアドバンテージを稼げなかったりしたことから、逃げの展開は難しいように思えた。


f:id:onoderider:20221029183021j:image

チームメイトには終始、キナンの後ろを外さないようにと声をかけ、前のポジションをキープ。

 

何度かアタックの動きがあった際には便乗して飛び出しを試みたが、難しかった。

f:id:onoderider:20221029183040j:image

 

残り10周のところでパンクストップがあり、幸いニュートラル適応周回内だった為復帰は叶ったが、これで焦りが生まれる。


f:id:onoderider:20221029183014j:image

 

残り距離は短くなり、右京のダイボール選手の1人逃げをキナンが追いかける展開。

集団はキナン→スパークル→右京の順で隊列が組まれ、その後ろにこの時点で残っていたアベタカさん、魁斗、僕が並んだ。

 

しかし、ラスト5周を切った辺りでアベタカさんに今日はもう厳しいと伝えられる。

 

マジすか…と更に不安が増したが、すぐに魁斗にラストまで行けるかと問い、行けるとのことだったので、残りは2人で組み立てることに。

 

残された周回の中で僕はずっとどうしたら良いのか考えていた。

枚数を残すキナンやスパークルが前を固めている状況でどう立ち向かうべきか。

 

結局、コレだ!という作戦は見つからずにファイナルラップに入る。

 

海沿いの道に出たところで魁斗に引き上げてもらい、隊列はスパークルと並ぶ形に。

 

そこからは集団はミックスされ混戦に。

狭い区間に入る手前で小石選手がアタックを仕掛け、それにアベタカさんが飛び乗った。

 

ラスト1kmを切って少しアドバンテージが開いたので、一瞬このまま行けるか?とも思ったが、厳しいと言っていたアベタカさんは限界が近いだろうし、後ろから他チームがスプリントすれば追いつかれてしまう差だった。

 

だから僕は残り300m辺りの上り区間で先行開始し、前の2人をわずかな下りで交わしてスプリントへ。

 

右前から風が吹いていたが、コースは緩く右に曲がっている。

風よけにされるのを嫌ってアウトに膨らむのではロスが大きく見えたので、インベタでスプリント。

 

このまま行ける!と思ったのだが、ゴール直前、左から影が一つ…いや二つ!と迫ってきて、最後は横並びでフィニッシュ。


f:id:onoderider:20221029183026j:image

 

わずかな差で敗れて今年何度めか分からない2位となった。

 

ギリギリ勝負のスプリントの時、負けた側の人の方が勝敗が分かるという話をどこかで聞いた気がするが、今日まさにそれを味わった。

 

直後、沢田選手は勝利に確信が無かったようだが、僕は負けたことが分かった。

 

 

 

 

 

また、すぐそこにあった勝利を取りこぼして2位。

f:id:onoderider:20221029183011j:image

思い返せば去年の山口ながとクリテリウムも2位だった。


f:id:onoderider:20221029183047j:image


f:id:onoderider:20221029183033j:image

今回はシャンパンファイトではなく、地元のクラフトビールで乾杯。

 

僕がいただいたのは手前のパッケージのものだったが、口当たりが優しくフルーティな味わいでとても美味しかった。

この後何もなければ飲み干したかったのだが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はJCL公式戦としては最終戦となる、秋吉台カルストロードレース。

 

入賞経験の無い、上りがハードで苦手なコースだが、良い走りをしたい。

 

 

 

今日も沢山の応援ありがとうございました!

レースの地は我々にとってはアウェイでしたが、現地でもブリッツェンの応援が聞こえて嬉しかったです!

 

明日も応援よろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

今日の結果で、当然負けたのは悔しいのですが、それ以前に少し気持ちに余裕ができたというか、少し肩の荷が降りた気分です。

明日は今日よりかは気持ちを楽に戦えるといいな。

 

それではまた。