オノデライダー戦記

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

復活のオノデライダーCX

 

 

あのオノデライダーCXが帰ってきた!

 

 

 

ということで、今年1発目のレースにシクロクロス千葉を選んだ僕。

 

f:id:onoderider:20230108215715j:image

前回シクロクロス千葉に出たのは2020年。この日から3年が経ったと思うと時の流れも早く感じる…

 

 

先月の宇都宮シクロクロスで復活を企んでいたのですがタイミングが合わず断念。

このままではまたしばらく乗る機会が無いだろうと考えた僕は、シクロクロス千葉にエントリーしたわけです。

 

 

 

エントリーするにあたり、いざ自分の情報を調べてみると、2年以上出場していないと降格するらしく、カテゴリ3となっていました。

 

シクロクロスデビュー戦は特例でカテゴリ2から出場した僕にとっては初のカテゴリでの出走です。

 

 

 

 

 

 

今朝は3時半起き。

家の車を借りて実家を4時前に出発した。

僕の持つ車では自転車を中に積んでかつ遠征するとなると、色々と難しい車しか無いから…

 

 

約2時間かけて会場近くに着くと、駐車場入場の長蛇の列。

ギリギリ千葉ポートパークの駐車場に入ることができました。

 

 

朝イチの試走はかなり慎重に…

 

と言うのも、前回最後に出た時には試走時にディレイラー側に転んでしまい、ハンガーを折ってしまったので…

 

f:id:onoderider:20230108215623j:image

 

 

 

僕の走るME3は10時45分スタート。

当然ながらスタートは最後尾。

 

にもかかわらず、スタート前に選手紹介をしてもらう僕…笑

f:id:onoderider:20230108221329j:image

 

スタートは人数も多いだけあって混戦模様。

直後に落車があったりしましたが、落ち着いてパス。

 

今回のレースは全体的にコース幅も広めなので抜きどころは沢山あるけれど、シクロクロスで僕が速く走れるのは直線だけなので…

 

抜ける時に抜くことを意識して走りました。

 

f:id:onoderider:20230108221824j:image

久々に走る砂浜セクションは苦戦しましたね…

走り方を忘れていましたが、スタート前に聖選手にアドバイスをもらって少しまともに攻略できた気はします。


f:id:onoderider:20230108221811j:image

バニホは一時期練習しましたが、久々のレースで実戦投入する自信はありません。笑

 


f:id:onoderider:20230108221815j:image

僕のペースが早かったようで、同じレース時間の他クラスが4周回だったのに対して、5周回となってしまったようで…

僕自身それを聞いてキツイじゃん!って思ってました。


f:id:onoderider:20230108221818j:image

久々のシクロクロスは走るうちにどんどん楽しくなってきちゃって、トップに立った後もグイグイ攻め続け、オフの怠けた身体が悲鳴を上げるくらい追い込めました。

 

 

ゆっくり走って〜!

とか

後ろ待ってあげて〜!

とか

早すぎて周回数増えた〜!

とか…

 

いつもと違った声援?が聞こえてきて面白かったです。笑

 

あまりにも同クラスの人から野次(笑)が飛んでいたので、ゴール後に袋叩きにされないかハラハラしていましたが…

 

そんなことはありませんでした。笑

 

すみません、沢山走れて良かったと思って頂ければ!!

 

 


f:id:onoderider:20230108221821j:image

最後はダンシングヒーロー風に。

 

レース中はあまり分かりませんでしたが、レース後や表彰台では会場DJが乙な選曲をしてくれていました。

 

 

f:id:onoderider:20230108222951j:image

おニューのジャージをレース会場で真っ先に披露できたうえに表彰台にも乗れたので良かった!

 

より赤くなった宇都宮ブリッツェンを今年も応援よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

 

砂まみれになった身体を近くのスーパー銭湯で洗い流して帰路へ。


f:id:onoderider:20230108222948j:image

東北道の下りは羽生に寄りたい僕。

ずんだシェイクは僕の好物のひとつだ。

 

 

 

 

 

今日は僅か30分のレースを観に駆けつけて下さった方が沢山いました。

今日のブログの写真も、沢山の人にご提供頂いたものです!

 

沢山の応援ありがとうございました!!

 

 

 

 

多分、次のシクロクロス参戦はまた次の冬になってしまうかと思いますが、また次回のオノデライダーCXの登場もお楽しみに。

 

 

 

それではまた。

地下鉄の風に吹かれて

 

新年明けましておめでとうございます!

 

始まりましたね、新しい年が!

 

f:id:onoderider:20230101191811j:image

 

チームキットも一新して、よりチームカラーの赤が引き立つものとなりました!

今年の新生ブリッツェンを牽引していけるような存在になれるよう頑張っていきたいと思います!!

 

そしていつだって自分らしさを忘れずに。

自分にしかできない輝き方ができるように!

 

 

 

 

 

 

 

 

年明けは毎年恒例の祖母の家から。

 

弟と飲んで過ごした大晦日でしたが、初日の出の時間には間に合いました。

 

f:id:onoderider:20230101191708j:image

 

 

祖母が買って用意しておいてくれたお節料理をみんなで頂く。
f:id:onoderider:20230101191720j:image

一年に一度しか食べない料理たち。

正月の楽しみの一つだ。

 

 

 

お節料理を食べ終えると、弟の慶と江ノ島を目指して走った。

 

今回の帰省に自転車を持って行くかと慶に聞くと、久々に江ノ島あたりを走りたいと言っていたので、今回は2人分自転車を持ってきていた。


f:id:onoderider:20230101191716j:image

天候は快晴。

陽射しも温かく、最高のサイクリング日和になった。

 

 

江ノ島で足ツボを二人で歩いた後、慶のお気に入りスポットだという稲村ヶ崎まで走り、おニュージャージを撮影。


f:id:onoderider:20230101191730j:image


f:id:onoderider:20230101191712j:image

 

肉眼で見ると富士山はもっと迫力があってでっかいのに僕の低グレードスマホでは伝わらないのが悔しい…

 

 

 

 

一度祖母の家に帰った後は2人の弟たちと3人で秋葉原へ。

それぞれの目的を持ってここまで来て、お馴染みのケバブを食べたのちに解散した。

 

慶はバーへ。煌は聖地巡礼へ。


f:id:onoderider:20230101191723j:image


f:id:onoderider:20230101191726j:image

 

僕は特に鮮明な目的を持ってきた訳では無いが、久々に心躍るこの場所にこれた事で満足だった。

なんなら一緒に聖地巡礼に行ってもよかったかな。

煌は「ぼっち・ざ・ろっく」の聖地巡礼に下北沢に出かけたそうだ。

慶のバーには飲む酒が違いすぎてついていけないし。

 

 

 

そんなことを思っていたら結束バンドのアルバムを買っていた僕。

 

f:id:onoderider:20230101211057j:image

 

 

 

 

むかしむかし…

下北沢あたりの小さなライブハウスに行くという知り合いに同行したことがあって、その時見たバンドは当時の僕は知りもしないバンドだったのだが、数年後には色んな場所で名前を聞くようになり、今では知らない人はいないくらいのメジャーバンドになっている…

 

という個人的なエピソードもあるので、この作品にはすごく楽しませてもらった。

 

曲はどれも素晴らしく、特に「ひとりぼっち東京」が僕には刺さった。

 

 

 

 

 

 

 

そんな元日の今日は結束バンドの曲を聴き、地下鉄の風に吹かれながらこれを書いた。

流石に4時間も吹かれて無いがな。

 

 

 

今年はどんな一年になるだろうか。

 

楽しみだ。

 

 

 

 

それではまた。

クリスマスといえば

 

 

幼い頃からクリスマスが好きだった。

 

宗教的な意味とかでは無く、この季節の雰囲気が好きだった。

 

街はイルミネーションやクリスマスの装飾で色づき、お店のBGMはクリスマスソングがかかり、ショーケースにはクリスマスプレゼントを意識した商品たちが華やかに並ぶ…

 

そんな雰囲気の中、プレゼントを買ってもらいにクリスマス色に染まった街へ出かけるのが好きだった。

 

欲しかったおもちゃを買ってもらって、ラッピングしてもらい、クリスマスの日になるまで家のツリーの下に置いておく…

毎日それを見て、まだかまだかと楽しみにするのが好きだったなぁ。

 

 

 

書いていて思った。

気がつけばクリスマスの思い出は幼い頃のキラキラした思い出しか無い。

ああそうか…僕にとってクリスマスは、幼い時の記憶のままのイメージなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

栃木県に引っ越してからは兄弟も成長していて、クリスマスに向けたイベント感は薄れていったし、プレゼントを買いに出かけるワクワクも無くなってしまった。

 

プレゼントを貰わない歳になってからは、クリスマスを迎えるたびに少し寂しさを感じていた…

 

 

 

 

そんな僕が、あの頃のキラキラした思い出を求めてクリスマスシーズンの横浜のみなとみらいに出かけるようになったのはここ最近の話。

 

なぜ横浜みなとみらいなのか。

それは、クリスマスシーズンによく買い物に連れて行ってもらっていたのがみなとみらいということもあり、横浜がクリスマスのイメージに強く印象付いていたから。

 

今年もあの頃のキラキラを求めて横浜へ向かった。崇高な使命と共に。

 

 

 

 

 

 

 

午前中、雪の中のトレーニングともいえないトレーニングから帰宅して、昼過ぎに鈍行で3時間弱かけて横浜駅に着いた。

 

ここからは歩いてみなとみらいを目指す。

 

僕の好きなみなとみらいの景色が見えてくるとなんだか安心感すら覚えるのがこの街の不思議なところ。

 

f:id:onoderider:20221225154520j:image

 

ランドマークプラザにはよく買い物に連れて行ってもらっていたこともあり、思い出深い場所だ。

 

毎年のようにランドマークプラザの中心に立てられる大きなクリスマスツリーを見てきた。

当時はそこで小さなステージがあったりして、とても賑わっていたのを覚えている。

 

今年も同じ場所を訪れたが、当時大きいと感じていたツリーが小さく見えたことが寂しかった。

 

 

 

ランドマークプラザ内を一通り歩き、桜木町駅方面へ。

 

f:id:onoderider:20221225155018j:image

日本丸も船上で体験学習をしたりした思い出の場所だ。

 

土曜日ということもあり、人がいつも以上に多い。 

比較的若い年齢層のカップルが目立つ。

 

桜木町からワールドポーターズを結ぶゴンドラは最近できた新スポットだが、これも長蛇の列。

そのほとんどがカップルだ。

 

そんな浮かれた奴らを横目に僕は汽車道を歩いてワールドポーターズへと向かう。

 

汽車道の途中のベンチにはサンタの格好をしたおじさんがギターとハーモニカでクリスマスソングを奏でていた。

僕もギターを持参して尾崎豊でも歌ってやれば良かったか。

 

f:id:onoderider:20221225155357j:image

 

ランドマークタワーとそれに連なるオフィスビルが立ち並ぶこの景色が好きだ。

 

横浜は東京ほどごちゃごちゃしていなくて、港の風景と相まってバランスの良い景色だと思っている。

 

ワールドポーターズ内も特に目的は無かったが一通り歩いて回り、サークルウォークを経由して赤レンガ倉庫へと向かう。

 

f:id:onoderider:20221225155532j:image

 

ここは毎年クリスマスマーケットが開催されている。

入場制限が設けられており、この日はもう入場できなかった。

 

リア充どもで賑わう赤レンガエリアを一人で特に何をするでも無くただ練り歩き、赤レンガを後にする。

 

お腹が空いてきたが、みなとみらいエリアはどこのレストランもカップルどもでいっぱいだった。

そんな場所が空くまで並んで待つのは嫌なので他を当たることにする。

 

 

桜木町から横浜まで戻り、横浜駅地下のフードコートで簡単な食事を済ませた。

 

それから、この日の唯一の買い物をする為に高島屋へ。

f:id:onoderider:20221225160131j:image

初めて本物の革手袋を買った。

 

旦那へのプレゼントに…

彼に贈るために…

 

と店員さんに相談している女性がいる中で、僕だけ1人で自分用の手袋を選んだ。

 

キラキラしたパープルのジャケットを着た、知識のありそうな女性店員さんにアドバイスをしてもらいながら選ぶ。

ご自分用ですよね?と念を押されて聞かれた。

 

ええ、その通りです。

 

 

 

 

 

 

買い物も済ませ、一通りカップルも呪い終わり…

 

 

 

そう。僕の崇高な使命とはクリスマスイヴに浮かれて横浜デートをしてやがるリア充どもを呪うことだ。

 

僕とすれ違ったカップル全てに呪いをかけておいた。

すれ違ったカップルはこの先破局の運命を辿ることになる。

 

残念だったな。

 

 

 

 

 

はぁ…いつからだろう。

こんなにクリスマスに卑屈になるようになったのは…。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、同じく非リア充の弟から連絡が入り、丸の内で合流することになった。

 

f:id:onoderider:20221226134541j:image

先日も訪れた丸の内だが、今日はリア充で溢れかえっていた。

 

弟はこの日、お目当てのウイスキーを求めて下北沢に行っていたらしい。

目当てのウイスキーを楽しめて満足そうな顔をしていた。

 

あぁ、コヤツの方が僕よりよっぽどリア充じゃあないか。

僕なんてわざわざクリスマスイヴに横浜に一人で来てカップルで溢れかえる中を歩いてきただけだぞ。

 

 

 

 

宇都宮まで一緒に帰り、南大門で身体を温めてから弟を鹿沼に送った。


f:id:onoderider:20221226134545j:image

実家ではささやかなクリスマスケーキのお裾分けを頂いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日のクリスマスは朝からトレーニングライドに出かけた。

 

特に予定も何も無いからな。

 

レーニングを終えた後は、今年最後のカヌレを仕込む作業。


f:id:onoderider:20221226134548j:image

 

 

 

夜はどうせ予定も無いだろうと、家族のクリスマスパーティーに呼ばれていたので実家で過ごした。

f:id:onoderider:20221226134538j:image

 

美味しい料理を食べながらみんなでお酒を飲んだ。

 

寂しくなんかないもん。

 

 

 

 

 

 

慶が下北沢のバーに行ったという話から、下北沢と言えば「ぼっちざろっく」だよなという話になり、見てない人も含めて兄弟で鑑賞会が始まった。

 

 

f:id:onoderider:20221226172135j:image

ベーシストじゃあないけれど、廣井きくりがめっちゃおにころ飲んでるのを見て飲みたくなったので、どんなものかとみんなで試飲。

 

いや、この味をあの量飲むのは無理だ。

 

久々に実家にあるアコギを触って、練習を再開してみよかと、そんな気になったクリスマス。

 

 

 

クリスマス感どこ…

 

 

 

 

それではまた。

CVSTOSすごい…(語彙力)

 

先日、12月11日に東京丸の内にて

 

2022 JCL AWARDS

 

が開催されました。

 

 

 

 

JCLツアーリーダー各賞の表彰、中島選手の引退セレモニー、トークショーが開催されました。

僕もイエロー&ブルージャージを獲得した選手として参加しました。

 

f:id:onoderider:20221213163143j:image

先ずはブルージャージ。

スプリントポイントの獲得点が最も多い選手が着るジャージ。

 

2021シーズンもこのジャージを獲得したこともあり、とても愛着のあるジャージです。

今年は開幕戦戦以降、誰にも譲ることの無かった(アワードの際初めて気づく)ということで、JCLのブルージャージといえばオノデライダー!と、印象付けることができたかと思います。

 

個人的にも獲得を狙っていたジャージだったので、2年連続で獲得できたことはとても嬉しいです。

 

 

 

 

そして次は総合リーダーのイエロージャージ。

年間の獲得点が最も多い(=総合優勝)選手の着るジャージです。

 

意識はしていなかったけれど、初戦で着て、その後は増田さんに渡り、後半戦で再び着ることになったジャージ。

 

今年はシーズン通して勝利こそ逃したが、比較的安定して走れていた印象。

それをチームメイトが支えてくれたおかげで手に入れた総合優勝でした。

 

増田さんが着る物だとばかり思っていた僕にとって、後半戦のキープはかなりプレッシャーでした…

 

 

 

そして今年は、年間総合優勝した選手にはCVSTOSの高級機械式腕時計が贈られることが決まっていました。

これを知った時、

おぉ〜!モータースポーツでも名を馳せるあのCVSTOSの高級腕時計が貰えるのか!すごいな…

と他人事でしたが、まさか自分が貰うことになるなんて!

シーズン序盤の僕が聞いたらどう思うのやら…

 

 

 

f:id:onoderider:20221213163134j:image

そしてこの日遂に、ワールド通商株式会社様より、自分の名前が刻まれたチャンピオンウォッチを頂きました!!

 

 

見てください!

めっちゃ重厚感ある専用ケースにまで僕の名前の入ったプレートが!!

カッコよすぎ!!

f:id:onoderider:20221213164233j:image

 

f:id:onoderider:20221213164243j:image

ケースの裏側はシースルー構造になっていますが、そこに僕の名前が刻まれています!

 

ちなみにこちらの腕時計、レースの度にステージでは「330万円」と紹介されてきましたが、この日受け取る際に「値上がりして400万円です」と言われ、受け取る手が震えました…

 


f:id:onoderider:20221213163149j:image

正真正銘の世界に一本だけの腕時計。

このようなものを手にするのは初めてで、もうカッコよくて、めっちゃ綺麗で、スペシャル!(語彙力)

 

この日の帰り道、CVSTOSのロゴの入った紙袋を持ってスーツ姿で東京駅を歩いていると、セレブの仲間入りをした気分になれました…

宇都宮駅に着いて乗り込んだのは中古の軽自動車でしたが。

 

家に帰ってからも、どう置けば良いのか分からず結局腕につけたまま眠りました←

 

これから機会があれば皆様にもお披露目したいと思っていますので、お楽しみに!

左腕ごともぎ取られないように警戒したいと思います!

 

 

 

 

チームの写真には残っていませんでしたが、今回の表彰には一般応募の方がプレゼンターを務めてくださるという、なかなか無い演出がありました。

いつもレースやイベントでよくお見かけする方々からトロフィーを受け取り、これまで応援して下さった方からダイレクトに祝ってもらえる感覚はとても嬉しかったです。

 

 

ありがとうございました!

 

 

 

 

f:id:onoderider:20221213165502j:image

ナカジこと中島選手の引退セレモニー。

この日参加していた選手全員で「お疲れ様でした」を伝えました。

ナカジ選手は本当に沢山の選手やファンの方たちに愛されている選手です。

いつだって誰とでも笑顔で接するナカジ選手の立ち振る舞いはそう簡単に誰でも真似できるものではありません。

 

ナカジさんの笑顔がこれからレース会場で見られなくなるのは寂しいですが、今後も業界に関わっていくそうなので、楽しみにしたいところですね。

 

 

 

 

 

 


f:id:onoderider:20221213163146j:image

 

年間表彰、中島選手の引退セレモニーが終わった後は、この日参加して下さった皆様とのトークショー

 

クリスマスの仮装…と聞いていたので、みんなで大々的にやるのかと思いきや、用意されていたのは数種類の被り物のみ…

 

こんなことなら持参したのにっ!!

 

トークショーは流石にこの人数だと喋る時間があまり無く…

僕が喋り出しちゃったら1時間は必要だからな…

あまり満足感はありませんでしたが、普段あまり話さない選手達の話を聞けたのは面白かったです。

 

特にホワイトジャージの渡邊諒馬選手。

いつも戦闘意志剥き出しのように感じさせる雰囲気を纏っていて、会場で会ってもあまり話したことの無い選手でしたが、その個性の強すぎるキャラでこの日1番の目立ちと笑いを持っていかれました。笑

 

 

 

トークショーの後には抽選会。

f:id:onoderider:20221213170554j:image

各チームが用意したサイン入りグッズを参加者の皆様から抽選でプレゼントしました!

 

 

f:id:onoderider:20221213163137j:image

 

この日の選手間のゆるい雰囲気もオフシーズンならでは。

こういう感じ、好きですよ。笑

 

 

今回は制限されたホールでの開催でしたが、せっかく人が沢山いる東京でやるのだったら、不特定多数に見てもらえるオープンステージで大々的に開催しても良かったなぁと思ったり。

 

また来年のアワードに期待しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏話。

 

f:id:onoderider:20221213171036j:image


f:id:onoderider:20221213171039j:image


f:id:onoderider:20221213171032j:image

この日、アワードの前に腕時計の撮影を東京駅前で行っておりました。

 

この場所は様々なジャンルの人たちが撮影をしている場所でもあり、色々な文化が交わるその光景は流石は東京。

 

そんな、沢山の人が行き交う中で僕は、カメラマンを従えて写真や動画の撮影をしていたわけです。

 

さらに動画の中ではポーズを決めるシーンもあり…

 

後にスタッフさんから聞いた話だと、その撮影の最中、通りがかった人が

「あれ、新しい仮面ライダーの撮影かな…」

と話していたそうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

オノデライダーです。

 

よろしくどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた。

 

どんな色になるかな

 

 

 

12月に入ってからもイベントが立て続けで大忙し。

 

ブログにしたいことが、シーズンエンドパーティー…サーキット走ったこと…新体制記者発表について…など、それぞれあったのですが。

 

記事を書く前に寝落ちしたり、夜遅くなったりして書けずにいました…

 

 

 

今日、どれを書こうかと悩んだ末、とりあえず最新のトピックを書くことにします。

 

 

f:id:onoderider:20221209221403j:image

 

2023シーズンの新体制の発表が昨日ありました。

 

新たに以下の5名の選手を加えた新体制です。

 

フォンチュンカイ 選手

谷順成 選手

沢田時 選手

坂井洋 選手

本多晴飛 選手

 

監督の西村さんを筆頭に、同世代…というか近い世代が多く揃うメンバー構成となりました。

 

赤いイメージの無い面々が揃い、史上初の外国籍選手が加入したことにより、ファンの人達には新しいブリッツェンがどんな色に見えたのか、気になるところではありますね。

 

 

既にこのメンバーでは一昨日にチームのプロモーション撮影をしており、交流をしていました。

 

近しい選手が多い為、和気藹々とした雰囲気でしたね。

 

フォン選手も日本語は分からないながらも、英語や西村さんの通訳を通して皆とコミュニケーションを取っていました。

 

 

ちなみにチームメイトも、皆さんも気になる、彼の呼び方についてですが…

 

フォンなのか、フェンなのか…

撮影の際にもその質問が出ましたが、彼自身は特に何も気にしていないらしく、呼びやすい呼び方で呼んで欲しいとのこと。

 

チームとしては「フォン」で統一しようということに決まりました。

これから日本ならではのニックネームとか付くのか楽しみですね。

 

ちなみに「ヤバい」という日本語は覚えたようです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからトピックと言えば、現役S級競輪選手の坂井洋選手の加入ですよね。

 

反響が多かったように思います。

 

彼とは作新学院高校の同級生で、中村魁斗選手同様、自転車競技部で共に走った仲間です。 

僕は途中で辞めてますが…

 

f:id:onoderider:20221209223325j:image

 

彼は全くの素人レベルで高校生から競技を始め、凄まじい努力で結果を残してきました。

 

スプリント種目ではずば抜けた力を発揮し、多分その能力差を目の当たりにして僕はロードレースに逃げて来たのかもしれませんね…笑

 

互いに別の道でプロ選手となり、こうして再びチームメイトとなるとは。

 

感慨深いですね。

 

本職がメインになるので、彼がブリッツェンジャージを着て皆さんの前を走る機会はそう多くはないとは思いますが、バンクリーグなどで一緒に走るのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

脚も揃い、経験も豊富な選手達が集まりました。

早くも来シーズンをこのメンバーで戦うのが楽しみです。

 

どんな戦い方をしていくのか、注目して下さい!

 

 

そんなチームの来シーズンのスローガンは

 

ONE OF A KIND

です。

f:id:onoderider:20221209223737j:image

これを聞いた時、これなら日本語でおkでは?と言ったのですが、英語が採用されたようですね。

 

唯一無二

 

とストレートに言った方がカッコいい気がするのは僕だけかな…

 

 

 

 

 

 

 


f:id:onoderider:20221209223741j:image

 

来年も僕は僕らしく走りますヨ。

 

好きなことには真っ直ぐに。

人とは違う光り方ができるように。

 

色々なものが変わり、今年以上を目指すのは難しいかもしれないけれど、自分の納得いく走りができるように頑張ろう!

 

 

 

 

来年も応援よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

おっと。

手が滑って来年のチームキットで撮った写真をうpしそうになったぜ。

 

こちらも発表をお楽しみに〜!

 

 

 

 

さて。明日はわたらせサイクルパークでオシゴトです!

参加される皆様、よろしくお願いします!

 

 

 

 

それではまた。

ブラックフライデー、なにか買いましたか?

 

オフシーズン突入直後からの怒涛のイベント&メディア出演で、オフらしい感覚があまり無いオノデライダーです。

 

 

 

いや、オフらしいといえばオフらしいのですよ。

 

f:id:onoderider:20221129192310j:image

行きつけの伝説のすた丼屋で合盛り丼食べたり。


f:id:onoderider:20221129192306j:image

f:id:onoderider:20221129192300j:image

f:id:onoderider:20221129192627j:image

那須塩原クリテリウムの副賞で頂いた牛乳と沖縄産のラム酒&サトウキビの三盆糖を使って試作カヌレを焼いてみたり。

f:id:onoderider:20221129192818j:image

 


f:id:onoderider:20221129192303j:image

スーパーでポテチやらティラミスやらを買い込んでビールで流し込んだり。

 

 

 

とまぁ、こんな具合にお仕事の合間でオフのうちにやりたいことリストを少しずつ消化していっています。

 

 

 

 

ちなみに最初に着手したやりたいことは部屋の模様替え。

 

この通り、ようやくひと段落ついたのですが。

f:id:onoderider:20221129193131j:image

 

あろうことか、アニメ観賞用モニターを罪深い位置に配置してしまいまして…

 

f:id:onoderider:20221129193128j:image

なんと、ベッドに寝転んでの観賞が可能になりました!

 

 

素晴らしく怠惰な生活が送れそうな配置にしたのは良いのですが、今まで使用してした枕だけだと少々高さに不満があり…

 

ちょうどブラックフライデーとやらがネットショップ等で始まっていたこともあり、セールで売っていた大きめの枕を購入しました。

 

f:id:onoderider:20221129193455j:image

適度な高さもあり、これで寝転んでの観賞にちょうど良くなりました。笑

 

布団に入りながらアニメが観れるので、今年はコタツを出さずに済むかも?エコだね!

 

 

 

 

 

 

枕以外にもせっかくのブラックフライデーセールなので、ついでに何か買おうと商品を漁っていて目に止まったのが、シュアラスターの固形ワックス。

 

これまでも同社のインパクトワックスを愛用していましたが、この度シリーズ最高峰のマスターワックスを購入!

 

f:id:onoderider:20221129193721j:image

早速、愛車のレビンに施工。


f:id:onoderider:20221129193718j:image

24年経ったボディですが、イイ艶が出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ、こんな具合に趣味の時間を堪能しております。

 

 

この他にもバイクのマフラー加工だったり、サーキット走行会に向けた車の準備だったり…

 

やりたいことリストはまだまだ山積みですが、限りある時間を有意義に使って消化していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて。

次なるイベントはシーズンエンドパーティーですね!

 

残念ながら今回もパーティーの内容については関与できませんでしたが、皆様に楽しんでいただけるよう頑張りたいと思います。

皆様とお会いできるのを楽しみにしております!

 

 

チームのパーティーの後は来季の契約、記者発表、プロモーション撮影等があり、JCLアワードまでビッシリ予定が詰まってます!

 

 

 

そうそう、参戦を検討していた宇都宮CXですが、カーチャンとのアフタヌーンティー会がその日に入ったので参戦しません!

 

年内にオノデライダーCXの活動はありませんが、年始のタイミングで参戦可能なレースがあれば参戦するかもしれません!

ちなみに参戦する場合はC3です←

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうこうしていたらあっという間にクリスマスですね…

 

 

 

 

それではまた。

オフの幕開け(後編)

 

宮古島2日目の朝。

f:id:onoderider:20221117131609j:image

雲は多いが晴れ間も見える。

最高気温は27度。常夏の島だ。

 


f:id:onoderider:20221117131558j:image

伊良部島を出る前に日本一長い橋を眺めておく。
f:id:onoderider:20221117131539j:image

 

 

 

 

本島に戻った我々は、海岸沿いの道をのんびり走る。

 

途中、ドイツ村なるものがあり、そこでグラスボートに乗れるかも…と問い合わせすると、お昼からの便しか空きがなく、レンタカー返却の時間に際どかった為断念。

 

それからは、せっかくなら宮古島の先っちょに行ってみようぜ!と、島の先っちょを目指して走った。

 

先っちょ…東平安名岬までの道は、アップダウンを緩やかに繰り返しながら、信号が無い道がひたすら続いた。

 

自転車で走るにもご機嫌な道に思えた。

 

f:id:onoderider:20221117132105j:image

上の写真で示した場所が東平安名岬。

先っちょというのにふさわしい形でしょう?

 

 

岬に着くと、小さな白い灯台と断崖の景色。

 

300円で灯台に登れたので、登ってみることに。

なんとなくヴァイオレットエヴァーガーデンのワンシーンを思い出す。

 

 

 

登り切るとそこは絶景。

f:id:onoderider:20221117131621j:image

海からの心地よい風と程よい暑さが最高に気持ちイイ。


f:id:onoderider:20221117131545j:image


f:id:onoderider:20221117131548j:image


f:id:onoderider:20221117131606j:image

記念のツーショット。


f:id:onoderider:20221117131542j:image

この灯台だよ。

 


f:id:onoderider:20221117131551j:image

先っちょでフォトジェニックに雄大に撮ってもらったヨ。

 

 

 

 

 

 

 

東平安名岬を後にした我々は、島の最高標高地点にある比嘉ロードパークまで走って作戦会議。

f:id:onoderider:20221117133020j:image

 

 

小休憩にカフェでも寄ってから、天ぷらを食べに島の駅へ行くことになった。

 


f:id:onoderider:20221117131631j:image
f:id:onoderider:20221117131612j:image

僕はコーヒーとクレームブリュレ

これも罪悪感なく食べれる幸せ。

 

今日食べ過ぎちゃったから明日のトレーニング頑張らないと…とか余計なことを考えずに済むのは最高だ。

 

 

 

 

 

 

 

島の駅みやこに着くと、早速天ぷら屋に目が止まり、2人で一緒に注文。

 

雄大がもらった地域クーポンでご馳走になった。

f:id:onoderider:20221117131601j:image

左がさかな天、右がもずく天、いか天、唐揚げだ。

 

雄大の大好物のさかな天。美味し。

沖縄の天ぷらは衣が分厚く、まるでフランクフルトのよう。

 

雄大は5個くらい食べていたなぁ。

 

 

 

 

天ぷらだけじゃ物足りず、僕は売店で沖縄のソウルフードSPAMを使ったポークたまごおにぎりとご当地パンを買ってきた。

f:id:onoderider:20221117131554j:image

スパムの味、久々だけどやっぱこれだよね。


f:id:onoderider:20221117131624j:image

コレ、めっちゃジャンキーな味します。笑

 

 

 

 

 

島の駅でお土産も買い込み、残った時間を消化する為に近くのブルーシールへ。


f:id:onoderider:20221117131603j:image

シングルで頼んだが、ダブルで渡された。

ちょっと得した。

 

 

中途半端に残ってしまった時間をどうするか考えていた時、ふとやり残していたことを思い出した。

 

島の名物?であるまもる君との記念撮影だ。

 

f:id:onoderider:20221117131628j:image

ちょうど近くに立っている交差点があったので歩いて会いに行った。

 

島には約20体ものまもる君が立っており、しかもそれぞれ名前があるらしい。

しかも全員兄弟という設定だとか…

 

 

我々が会いに行ったまもる君はりょうぞうという名前らしい。

 

f:id:onoderider:20221117134423j:image

f:id:onoderider:20221117134430j:image

 

せっかくなのでりょうぞう君と宮古島の安全を見守ってきました。

 

 

 

 

 

レンタカーを返却し、宮古空港へ。


f:id:onoderider:20221117131618j:image

島の空港だが立派な佇まいだ。

 

 

ここで雄大那覇行きに、

僕は羽田行きの飛行機に乗り込んだ。

 

 

なかなか行くこともないであろう宮古島観光は、とても充実したものになりました。

行き当たりばったりのノープラン旅も良いものです。

これができるのは一人旅か気の許せる友人とだけだし。

 

 

 

ありがとう宮古島!ありがとう雄大

 

 

 

 

 

 

 

羽田からは、スーツケースを引きずって歩き回るのを嫌い、初めて高速バスのマロニエ号にお世話になった。

 

ターミナルから宇都宮駅まで一本で行ける。

 

 

お気に入りのラノベを読み終えて、せふと車内誌を開くとJCLの広告が。


f:id:onoderider:20221117131615j:image

もっと沢山の人の目に触れるスポーツになってほしいなぁと思い耽った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終バス前に宇都宮へ着き、久々に感じる冷たい空気の中、家の最寄り行きのバスを待つ。

 

宮古島では全く感じなかったが、季節はもう冬になりつつあり、僕の大好きなクリスマスの季節が始まっていることを感じた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮古島旅のブログはここまで。

お付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

引き続き、オフの出来事はブログ以外にも僕のSNSで随時更新していきますので、気が向いたら僕のオフの出来事を覗いてみてください。

 

Twitter

@maverick_rei

 

Instagram

onoderider

 

 

 

 

それではまた。