オノデライダー戦記

ヴィクトワール広島所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

これがなければ

鎖骨骨折の手術から1週間と少しが経ちました。 鎖骨の痛みはたまに鈍痛があるくらいで、肩の可動域も少しずつ元通りになってきているところです。 なのですが、同時に折ってしまった肋骨の痛みは健在です。 肩の可動域が広がり、色々できるようになってくる…

失態

ご心配おかけしております。 先日27日に播磨中央公園にて開催された西日本ロードクラシックDAY1の最終周の下りで落車をしてしまいました。 この落車に巻き込んでしまった選手の皆様、本当に申し訳ありませんでした。 バイクコントロールにはそれなりの自信が…

丹波にきています

早くも明日から西日本ロードクラシックなわけで。 今日から兵庫県は丹波市に来ております。 群馬遠征から比べればかなり楽ですね… 丹波市といえば… そう、パナレーサー様の本社工場がある場所ですね。 ここへ来るのは2度目。前回は確かロゴが変わる前でした…

やっぱりキライ

日曜日の深夜、日が変わる頃に広島に戻って、月曜日は疲れてまともに動けませんでした… 昨日からボチボチ活動再開です。 さて、書けていなかった日曜日のレースについて少しだけ。 群サイ2日目。 この日は10周回60kmのショートレース。 ©️Itaru Mitsui …

狂気の25LAP

もう二度とこんなところ走るもんか 4年前くらいにそう誓ったはずなんだが。 群サイ。 もはやその名は自転車界より自動車界の方がメジャーなのでは無いかと思うくらいだが、今年ここへ帰って来てしまった。 今回も前回の宇都宮遠征同様、弾丸スケジュール回…

やっぱり悔しい

今日は宇都宮・清原クリテリウム 昨日の極寒の雪混じりの天気とは打って変わって、今日は晴れ間も覗く暖かい天気。 今日のクリテリウムは1チーム6人出走。 ©Itaru Mitsui 6人でもやりますとも。 今日のパレードは特殊で、いよいよ開通したライトラインと…

赤くないやん

今日は真岡・芳賀ロードレース。 気温一桁台+雪混じりの雨。 こりゃヘビーだ。 ©Itaru Mitsui それでも我々は陽気にいきますとも。 元はといえば、リーダージャージの僕を中心に何かやりたいですねと中村選手が提案したのがきっかけのこのポーズ。 今回初め…

ただいま。

真岡・芳賀ロードレース、宇都宮清原クリテリウムに参戦するため、3ヶ月ぶりに栃木県へ帰ってきました! しかしまぁ、わずか3ヶ月ですからね。 長い陸路を経て、東北道に乗り見慣れた景色が見え始めた時は「お〜帰ってきたね〜」ってくらいな感じで、それ…

まだまだ。

今日は富士クリテリウム決勝レース。 レースが14時台のスタートということもあり、午前中はゆっくりだ。 ただ、僕は空腹で目が覚める朝方人間なので、朝食会場に一番乗りすることに変わりは無い。 今日のレースは今後のためにも、課題を設けて挑むことにした…

まずは

今日からの富士クリテリウム参戦のため、昨日から富士市に来ております。 久々に富士山が見える場所へやってきました。 これまではずっと、なんだかんだで富士山が見える場所で暮らしていたので、広島でふと見渡した時に富士山が見えないのは少し寂しかった…

久々のジャージ

開幕2連戦の2日目。 今日は志布志クリテリウムでした。 一周2.9kmのL字周回コース。 昨年とは周回方向が変わり、今回は180度ターンの直後にゴールするレイアウトになった。 小雨が降り続ける中レースはスタート。 ©Itaru Mitsui 火山灰だと言う話も聞いた…

不安と緊張の開幕戦

シーズン開幕戦参戦のため、はじめましての鹿児島県に来ています。 今シーズン開幕戦は鹿屋・肝付ロードレース。 1周6.5kmのコースを20周回する130kmのレース。 今年で開催2回目のホヤホヤのコースで、昨年と違って周回を逆回りするようなので、このレイア…

2024シーズン使用機材

いよいよ今シーズン初戦まで1週間を切りました。 早いなぁ。 引越に加えて、引越に伴う様々な手続き事が多くて慌ただしくオフシーズンが過ぎ去りました… ようやくツールド手続きが終了したと思ったらもう初戦… 引越を伴う移籍は何かと大変だと身を持って経…

温泉合宿♨

2月ですね。 広島へ移住して1か月が経ちました。 この1か月でハイペースで広島を満喫できている気がします。 広島は思っていた以上に雪が降りやすく、宇都宮にいるときよりも雪を見かけることが多いのに驚きです。 新しい環境で慣れないことも多いですが…

IN HIROSHIMA

ご無沙汰しております。 2024初ブログ更新でございます。 決して移籍を機にブログが消滅したわけではございませんのでご安心を…。 広島に来てからというもの、ネタが色々ありすぎまして、小出しにしていたらブログネタが乏しくなってしまう例の現象です。は…

今年も沢山の応援ありがとうございました

いよいよ2023年も最後の日を迎えましたね。 まぁ、地球にとってはなんてこと無い1日にすぎないのですが。 今年はプロデビュー10年目のシーズンということもあり、色々考えるシーズンでした。 チームの体制もガラッと変わり、自分自身もチーム内での在り方…

行先

お待たせしました。 意外? 予想外? の移籍先が昨日発表されましたね。 先の発表の通り、来年はヴィクトワール広島の一員として走ります。 チーム公式より 今年の夏には決まっていたことでしたしたので、今日の発表までの時間がとても長く感じました。 Xで…

走り回ったオフシーズン

沖縄以降更新されていなかったブログ。 更新を楽しみにしていた皆様、ごめんなさい… 予想はしていたのですが、今年のオフは史上最も忙しいオフになりました。 どうしても、来年は違う場所に移り住むことになるため「次にここを出るときは自分で家を建てると…

オノデライダーの沖縄旅行

宇都宮さむいですね… オフシーズンが始まり、例年のごとく忙しい日々です。 メディアやイベント出演に加え、オフにやっておきたい物事を一つずつ潰していく作業。 さらに今年は引越し等もあるため、余計に忙しい気がします… やらなきゃいけないことが毎日沢…

過去一寒かったツールドおきなわ

走ってきましたツールドおきなわ。 流行り病の後遺症でなやまされながらも、沖縄だけは走りたい気持ちで乗り込んできたので、ただ走るだけでは終わらせたくありませんでした。 朝4時に朝食を食べ、身支度を始める。 幸いにも今日は目覚めが良かった。 そう…

オフまで200km

ツールドおきなわの醍醐味といえば、ゴールした瞬間にオフになるという快感を味わえることだ。 朝4時に朝食を食べなきゃならないこととかもうどうでも良くて、ただひたすらにゴール=オフを目標に走れるレース。 レース前日の今日は調整日 本部方面を1時間…

最後の遠征

ご無沙汰しております。 思わぬコロナ感染の影響で、ジャパンカップから山口までレースをパスすることになってしまい、ブログ更新も1か月ほどまともにできていませんでした。 ずっと悩まされていた後遺症の症状は回復傾向にありますが、まだ万全と言えるレ…

不安を覚えた最終日

ツールド九州最終日。 オートポリスをスタートし、日田市の周回コースでゴールする129kmのレース。 周回コースのみ自転車で試走し、他のルートは車で下見したステージ。 こうしてみると下り基調のフラット気味のコースのように見えるかもしれないが、一つ一…

長い1日

ツールド九州は2日目。 熊本阿蘇ステージ。 標高900mの瀬の本レストハウスをパレードスタートし、下りながらリアルスタート。 その後、阿蘇山の麓の山を一つ越えて周回コースへ入る108km。 ステージの半分は周回コースとなっていて、ラインレースというより…

ハードなラインレース

ツールド九州 今日は第1ステージの福岡ステージ。 北九州メディアドームをスタートし、大牟田駅前にゴールする、福岡県の端から端へ走るようなコース。 今日のレースは8時スタート。 朝食は5時。 沖縄の次にスタートが早いレースだ。 スタート地点となる…

小倉城ちゃんと見てないや

今日からツールド九州が開幕。 初日は小倉城周辺を周回する小倉城クリテリウム。 STAGE0すなわちエキシビションだ。 1周1.8kmを25周回する45kmのレース。 初開催なので前情報は無く、試走がより重要になってくる。 昨日のミーティングでも、試走したうえで…

僕のツールド九州はもう終わりました

2週間に渡る九州滞在も、ようやく終わりが見えてきそうな今日このごろ。 北九州市の門司港からお送りします。 先日の「おおいたアーバンクラシック」を終えてから、我々は日田市で3泊4日を過ごしました。 日田市初日。レース後の夕飯には、日田市の名物だ…

もどかしくてシンドい1日

おおいたアーバンクラシックの今日。 昨日と場所を変え、今日はレゾナックドーム周辺の市街地を使った周回コース。 国内レースの周回コースの中でもトップを争うレベルでシンドいコース。 このコース、どこにも休みどころが無いのだ。 まるでジェットコース…

もどかしくてシンドい1日

おおいたアーバンクラシックの今日。 昨日と場所を変え、今日はレゾナックドーム周辺の市街地を使った周回コース。 国内レースの周回コースの中でもトップを争うレベルでシンドいコース。 このコース、どこにも休みどころが無いのだ。 まるでジェットコース…

こんなのばっかり

おおいたいこいの道クリテリウム このレースを迎えると、いよいよシーズンも終盤に差し掛かって来ていることを実感する。 今回の遠征は中国から帰国して中二日で出発。 さらにいつもは飛行機なのに、このハードスケジュール時によりにもよって陸路&フェリー…