オノデライダー戦記

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

拉致られる。

 

 

そう、多分。

 

宇都宮じゃあなきゃこんなこともないだろう。

 

 

オリンピアに拉致られる。

 

 

 

 

 

 

そう。私、オノデライダーは、医師からの了承を得た上で、昨日から2週間ぶりとなる外での自転車トレーニングを再開したばかり。

 

昨日も一人で走って、今日も3時間ほどリハビリ走をしようと走っていた。

 

よく見える景色を楽しみながら走っていると、対向車線から見慣れたジャージが向かってくる。

見たところ増田さんのようだ。

目が良くなったので素早く認識できた。

 

 

これに関してはここ宇都宮では珍しくなく、チームメイトとはいつも手を上げて挨拶をしてやり過ごす。

 

 

 

が。

 

 

 

いつものようにすれ違った途端、

 

レイ!

 

と呼び止められた。

 

 

うわぁぁああぁ!

 

 

振り返るとUターンして増田さんが追っかけてきた。

 

 

うわぁぁああああぁ!!

 

 

そして増田さんに捕まった。

 

 

どうやらこの後西村さんと合流して一緒に走るそうだ。

そこで、一緒に来ないか?という提案だった。

 

「今日どれくらい乗る予定だった?」

 

と問われ、

 

「3時間くらい…」

「よし、じゃあ行こう!」

 

 

 

と、問答無用に拉致られたのである。笑

 

 

まぁ、僕としても、時間を乗るなら一人で走るより楽なこともあるし、なにより複数人で走った方が集中できて質が上がる。

 

 

半分ラッキー!と思いながら西村さんとの合流地点へ向かった。

 

 

 

んが、

 

 

え、はやい…

 

 

増田さんも西村さんも、僕が目ん玉改造してる間にも当然のように走っていた。

 

2週間のブランクがある人間を連れて走る強度じゃあないぜ!!

 

内心ヒーヒー言いながらも、二人のペースを崩さないように先頭交代を続けた。

 

 

結局、4時間弱のハイペーストレーニングとなった。トホホ…

これっぽっちも楽じゃなかった。

 

 

 

 

しかしまぁ、鈍った身体にいい刺激が入った。

 

感覚を取り戻すには良いトレーニングだったと思う。猛烈に脚パンであるが。

 

 

 

また、機会があれば素直に拉致られよう。←

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は変わり、現自宅。

 

視力が回復したからと言って、ラノベやアニメ、スマホを長時間見ていては近視が再発してしまう恐れがある。

 

 

そこで対策として、近視回復トレーニングの一つである、遠近トレーニンを日常的に実践することにした。

 

近い物と遠い物を交互に見る作業だが、これには目標となるものが必要だ。

 

ちなみに近い物は自分の指。

 

しかし、部屋の中で一番距離を作れる場所(部屋の対角線上の天井の角)には真っ白な壁紙以外に何もない。

 

 

ということで、目安になるものを設置した。

 

f:id:onoderider:20201130203456j:image

 

 

ハイ…!

 

 

ハイ…!

 

 

f:id:onoderider:20201130203512j:image

 

ハイ!サイドチェストォ!!

 

 

 

 

ということで、街雄さんを設置しました。

 

 

これで、自分の指と街雄さんを交互に見る遠近トレーニングが可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた。