音速戦士オノデライダーのブログ

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

しみじみと、彼のようになりたいとオノデライダーは思う

 

f:id:onoderider:20200831063248j:image

 

みんなが歓喜したアベタカさんの勝利。

 

 

 

昨日のこの勝利の喜びは、チーム内に留まらず、業界全体を歓喜させた。

 

会場やSNSで、多方面の人たちに祝福されるアベタカさんの姿は、それはとても喜ばしく幸せな光景だった。

 

 

 

これはいつもアベタカさんの走りを皆んなが評価しているから。

もちろん、それはチームメイトが一番よく知っている。

 

いつも誰かの勝利を陰で支え続けるアベタカさん。

僕なんてブリッツェンに来た最初の年から、アベタカさんにアシストしてもらっている。

おかげで数々の勝利を収めることができたが、この勝利の裏には必ずアベタカさんがいた。

 

そしてアベタカさんはいつも、自分のアシストした選手の勝利した背中を見て、後ろで大きく手を挙げるのだ。

 

 

たとえポディウムに上がらなくても、みんなアベタカさんの仕事はしっている。

そして他のチームからも、その走りは評価されている。

 

しかし、紙面や記事でスポットが当たるのは勝者なのがほとんど。

 

アシストに徹する選手の活躍はなかなか表向きになりにくい。

 

そんな選手が、突然勝負を任され、そしてそれを達成した。

 

だから、今回のアベタカさんの勝利には、普段アシストを受けているチームメイト全員が同じように喜んだのだ。

 

f:id:onoderider:20200831064418j:image

僕もゴール直後に駆け寄り、その勝利を祝福する。

 

 

僕はそんな先輩の姿を見て、こんな選手になりたい、と強く思った。

 

 

ロードレースに欠かせないアシストという役職に徹し、いざ自分の勝負になったら外さない。

 

僕がまだ成すことのできていないことだ。

 

 

 

チームメイトにこんなにも素晴らしく、リスペクトできる人が沢山いるのはとても幸せな環境だ。

 

常に刺激的で、身近に目標にできる人がいる。

 

僕は最高の環境で走れているみたいだ。

 

 

 

 

 

 

 

なんだか今回は僕のレースレポートは必要ないくらいだ。

 

それだけに、カッコよく、素晴らしい勝利だった。

 

100km以上の距離を逃げ屋として逃げ、レース展開が逃げ勝負になった。

そして最後、強敵相手にスプリントで勝った!

 

アベタカさんカッコいい!!

 

もうこれで十分だ。

 

 

 

僕らはメイン集団で、ただ彼を信じて走ることしかできなかった。

そして僕は暑さによる不調に悩まされつつも、奮闘するチームメイトのことを思うと、なんとか踏みとどまることができた。

 

 

 

 

 

 

ロードレースに勝者は一人しかいない。

 

けれど、その一人の勝利をチーム全員で味わえるのもまた、ロードレースの良さなのだ。

 

f:id:onoderider:20200831064736j:image

 

それではまた、とオノデライダーは小さく手をあげる。