オノデライダー戦記

宇都宮ブリッツェン所属プロロードレーサー小野寺玲のブログ。いつまでも自分らしく輝きたい僕の日常や活動を発信していきます。

まだ弱い

 

 

山口2戦目は広大なカルスト台地を舞台に開催された、秋吉台カルストロードレース

 

f:id:onoderider:20210912201416j:image

 

このコースを走るのは3回目だ。

 

昨日の結果から、僕は再びブルージャージを着ての出走です。

 

f:id:onoderider:20210912201516j:image

 

ジャージを着ていると先頭スタートの権利が貰えるのでラッキーである。

スタート前の談笑をしているのはホワイトジャージを着用する宇賀選手。

彼とは「車」という共通の趣味があって最近よく話すようになった。この時も車の話をしていたと思う。

 

 

 

この笑顔も、レースが始まって同じ場所に帰ってくる頃には険しい顔になっている。

 

 

なんといってもこのコース、スタートゴール地点が頂上で、ゴール前約1.3kmは脅威の激坂が聳え立っている。

 

通称カルストベルグ(ベルク?)とも呼ばれているが、そんなことはどうでも良い。

 

からしてみればただのイジメだ。

 

 

 

 

 

 

 

29.5kmを4周回して118kmを走る、国内では貴重な長距離周回レース。

レースが始まるとアタック合戦。

 

主要チームは互いに警戒し合っている為、なかなか決定打がでない。

 

そんな中、2周目に入るとアベタカさんを含む5名の逃げが形成され、ここには有力チームが全て入っていたことから、集団はようやく落ち着く。

f:id:onoderider:20210912202214j:image

 

1周完了時点で上りで払い落とされた選手も多かったようだ。

感覚だが、人数が減った気がしていた。

 

f:id:onoderider:20210912202738j:image

 

集団に残った我々は、逃げに入っていないチームの後ろにつけ、次の動きに備える。

 

逃げに乗せた他の有力チームも枚数を残していたので、この後の動きに警戒する必要があった。

 

f:id:onoderider:20210912203530j:image

 

1分前後で推移していた逃げとの差だが、場合によってはアベタカさんで勝負するという作戦も考えられていた。

 

しかし、3回目の上りで逃げが崩壊し始めると、集団の動きが活性化し、主要チームが動き始める。

 

3回目の上りのペースアップで僕は少々出遅れたが、往路の途中で前にいた増田さんとアベタカさんに合流。

 

しかし合流時点で前には3人が先行している状態だった。

 

行かせてはいけないメンバーだったが為に、堀さんと西村さんが中心となり集団を牽引し、復路の上りを前に吸収することができた。

 

f:id:onoderider:20210912204345j:image

 

ここからはチームメイトみんなが温存してくれた僕と増田さんが動く番だ。

 

牽制が入りつつも、各チームアタックなどの動きを見せる。

 

しかし正直、この時点で僕は相当脚がきていた。

上りのペースアップになんとか対応するのが精一杯な状況になってしまった。

 

 

 

1名VC福岡の選手が先行する形で復路を走る。

なんとか先頭集団に残った僕は来る最後の上りに備える。

 

 

上り始めの段階で1名の先行は吸収。

 

いよいよ最後の上り、力比べの時間だ。

 

この上りは長く勾配がキツいので、チームプレイよりかは個人の力量がモノを言う。

 

ようは一番速く上れる人が勝つのだ。

 

集団前方で上りに突入した僕は、正直誰かのアタックに反応する余裕など無かったので、ひたすら自分のペースをキープして上ることにした。

 

一人、また一人と抜かれるが、焦らずペースを保ち、最後の最後のチャンスに賭けた。

 

しかしそのペースも遅かったらしく、一度抜かれた選手は遥か遠くになってしまった。

 

ラスト数百メートル。

 

あの場面で、もう一枚、もう一踏み、耐えられる力があれば、勝負ができた。

 

でもその力は僕には無かった。

 

ズルズル後退しながらゴールまで辿り着いたが、結果は8番くらいだったか。

 

 

まだまだ上りで勝負するには力不足だということが分かった。

 

 

 

f:id:onoderider:20210912204441j:image

 

意外なことに、僕はまだブルージャージの着用者らしい。

 

次戦も先頭スタートだ。

 

悲願のロードレースでの勝利の為、引き続き頑張っていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は飛行機の便の都合上、山口に後泊だ。

 

今日の宿に着くと、妙に見知った町並みが見える。

 

宇部新川…?

 

宇部!新川!!

 

エヴァだ!!

 

f:id:onoderider:20210912204834j:image

f:id:onoderider:20210912204843j:image

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版のラストシーンで登場する実写の空撮シーンがある。

(まだ見てない人はプライムビデオで見れるので是非。)

 

そのシーンがここ、宇部新川駅前なのだ。

 

劇場で見た時から少し気になっていた宇部新川だが、まさか遠征先で訪れることになろうとは…

 

特にエヴァの何かがある訳では無いが、何となくあのシーンの中に自分がいるような気になれて少しテンションが上がった。

もちろん「胸の大きい良い女」なるものは存在しないが…

 

 

 

 

駅前ロータリーには数匹の野良猫がいました。

 

f:id:onoderider:20210912205316j:image

 

あまり人間に警戒心が無いのか、気づいたら隣を歩いていたりしました。

 

 

 

 

 

 

明日の朝の便で宇都宮へ帰ります。

 

 

 

この二日間、モニター越しに応援してくれた皆様、ありがとうございました。

2戦2勝とはいきませんでしたが、二日間チームとしては良いレースができたかと思います。

 

会場で声援が聞こえないのはとても寂しいですが、このような状況下でレースが走れることを有り難く思います。

 

 

 

 

 

 

僕のクリテリウム以外の初勝利は沢山の観客の前で達成したいなぁ。

 

それではまた。